ワイヤー矯正で使用するブラケットの種類について

矯正で使用するブラケットの種類について

矯正の治療法には、ワイヤーとブラケットの装置による治療、インビザラインなどのマウスピース型矯正装置による治療などが一般的に知られております。ワイヤーとブラケットでも、表側(唇側)からの矯正、裏側(舌側)からの矯正など装着箇所が異なります。適応症例や、ご希望などあると思いますが、今日は、ブラケットの種類についてご説明しますね。

矯正に使用するブラケットの種類とは

ブラケットの種類について

矯正で使用するブラケットには、結紮タイプ(※)と、セルフライゲーションタイプの2種類がございます。ブラケットには、歯列矯正を行うアーチワイヤーを通す溝(スロット)や、結紮を引っ掛けるウイングというものが備わっています。

※結紮(けっさつ)とは、ワイヤーをブラケットに固定する方法で、細いワイヤーを使う場合とカラーゴムを使う場合があります。

結紮タイプは、金属による結紮、モジュールと呼ばれるゴムによる結紮がございます。金属の場合は、アーチワイヤーや、結紮線が非常に摩擦抵抗に優れていて、歯の動きを阻害することにはなりません。ただ、セルフライゲーションタイプより、治療期間が長くなる可能性はございます。

モジュールの場合は、ゴムの色が様々あるため、矯正治療をよりカラフルに楽しみたい方には向いております。ただ、ゴムにより、歯の動きを阻害や劣化、着色汚れなどが目立ちます。また、歯の動きが悪いケースですと、治療期間が延長する可能性があります。

セルフライゲーションタイプは、後ほどご紹介いたしますので、先にブラケットをご紹介いたしますね。

ブラケットの名称とは

ブラケットの種類について

では、ここに結紮で使うブラケットの名称をご紹介いたします。

アーチワイヤー
歯を矯正するメインのワイヤーで、目に付く部分です。
スロット
アーチワイヤーが入る部分で、ブラケットの溝の部分です。
ウイング
ブラケットで結紮線をひっかける部分です。

メタルブラケット

メタルブラケット

メタルブラケットは昔からよく用いられている一般的な金属製のブラケットで、主に歯の表側につける矯正装置のことです。

銀色で目立つのでメタルブラケットを避ける患者さんもおられますが、欧米では矯正をしていることが一種の社会的ステータスなので、ブラケットが目立つことは寧ろ誇らしいことで、現在でも一般的に使われています。

メタルブラケットのメリット

歯の表側にブラケットをつける場合は様々な症例に対応できる
他の装置と比べると治療費が安い
ブラケットが金属でできているため丈夫で壊れにくい

メタルブラケットのデメリット

ブラケットが銀色の金属なので目立つ
金属アレルギーの方には使えない

審美ブラケット

審美ブラケット

メタルブラケットは、周囲の人の目があり、抵抗もあるという方も多いです。審美性にこだわりがある方には、審美ブラケットをおすすめいたします。では、様々な種類がございますので、ご紹介したしますね。

プラスチックブラケット

プラスチックブラケット

透明なので目立ちにくく、他の審美ブラケットより料金が安いというメリットがあります。ただ、樹脂で作製された装置の為、吸水性があるという特徴があります。つまり、着色して変色したり、摩耗しやすいため、強度が気になるというデメリットはございます。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

金属アレルギーの方にはおすすめのブラケットで何より目立ちにくい特徴があります。セラミックブラケットは、セラミック製の装着する装置が歯の色に近く、メタルブラケットやデーモンブラケットより目立ちにくいのがメリットです。費用はやはりプラスチックブラケットよりは、少し高くなるのがデメリットです。

セラミックブラケットのメリット

ブラケットが歯の色に近い白色なので目立たない
アレルギーになりにくい

セラミックブラケットのデメリット

メタルブラケットと比べると費用がやや高くなる
メタルブラケットよりも強度がやや劣る

人工サファイアブラケット

人口サファイアブラケット

ガラス以上の透明度を誇る人工サファイアで作製されたブラケットです。デメリットは、歯よりも硬い素材でできているため、歯を痛める可能性がごくたまに起きることがあります。ワイヤーとの摩擦により、歯の動きが遅いという可能性もございます。

また、セラミックやサファイアですと、ブラケットがプラスチックのそれよりも大きいため、口を閉じていて違和感を感じたり、ブラケット除去の際に驚くような衝撃を感じることがございます。

セルフライゲーションブラケット

セルフライゲーションブラケット

結紮タイプと違い、ゴムやワイヤーではなく、シャッターで蓋をするブラケットの為、ワイヤーの摩擦が起きにくい組み合わせとなっています。摩擦が起きにくければ弱い力でも歯は動き、痛みが軽減し、歯根吸収などのリスクを減らすことが可能です。歯の動きがスムーズなので治療期間も通常より短いものになります。また、歯科医師が結紮する時間が必要ないため、わずかですが診療の時間が短くなるというメリットがあります。

デーモンシステム

デーモンシステム

アメリカの矯正歯科医Dr.Damonが考案したシステムです。先程ご紹介したシャッターで蓋をするブラケットの他に、最新のテクノロジーが駆使された形状記憶合金のハイテクワイヤーと呼ばれるワイヤーで矯正を行います。

クリッピーブラケット

クリッピーブラケット

デーモンシステムと同じく、シャッター(クリップ)で蓋をするセラミックで作製されたブラケットです。弱い力で歯を動かしていくという特徴の為、痛みが軽減されます。また、歯肉や口内の歯周組織に優しいというメリットがあります。

ただ、セルフライゲーションは通常の表側のブラケットより高額になる事と、ワイヤーをメタルにする事が多いというデメリットがあります。

ハーモニーシステム

ハーモニーシステム

フランスの矯正医Dr.Curielが考案した舌側矯正用のセルフライゲーションシステムです。
クリップ式でCAD/CAMを使用した矯正装置と、複雑に曲がったワイヤーでより歯を動かしやすくする方法で、歯の動きを良くするメリットがあります。
ただ、シャッター式をブラケット内で内蔵しているため、厚みがあるのが大きなデメリットです。

その他のブラケット

結紮タイプのブラケットで、歯の裏側から矯正を行う装置がございます。金属製ですがアレルギーを起こしにくい金合金を使っていますので、当院でも使用しているブラケットです。

インコグニト

インコグニトは歯の裏側に取り付けるタイプの矯正装置で、完全オーダーメイドで歯のカーブに合わせて作製されるためブラケットと歯の間に隙間が殆どなく、歯に接着する面積が広いので外れにくい仕様となっています。

厚さは約2ミリで歯にフィットするように薄く作製されますので、他の舌側矯正装置と比べて舌の違和感が少なく、『S』の発音の問題も改善されています。

金合金なのでアレルギーが少ないタイプのブラケットです。

装置に慣れるまでの間は、個人差はあるものの、舌が装置に当たる違和感、発音のしにくさ、食事のしにくさがあります。

インコグニトのメリット

装置が見えないので気づかれずに矯正できる

矯正してることに気付かれない
むし歯になりにくい
前歯を引っ込めるのが得意
食事のストレスを表側矯正より感じにくい
スポーツをする時も制約がない

インコグニトのデメリット

舌が装置に当たる違和感がある
食事が最初はしにくい
発音が最初はしにくい
費用がかかる

まとめ

今回は「矯正で使用するブラケットの種類について」ご説明いたしました。歯科医院によっては、どの治療方法を採用しているか異なります。綺麗な歯並びになるまで、矯正治療は長く通院を行うものです。複数のクリニックにカウンセリングへ通院し、ご自分に合った担当医やスタッフを見つけてくださいね。【参照:フォレスタデントジャパン「ブラケット一覧」】