裏側矯正インコグニート(アイブレイス)は目立ちません

インコグニート(アイブレイス)−新しい舌側矯正システム−

動画で見るインコグニート(アイブレイス)
裏側矯正インコグニートによって歯並びが美しく整っていく様子を動画でご覧下さい。


外側からは矯正器具をつけていることが全くわかりません

インコグニートの模型

当院は毎日多くの矯正歯科のご相談をいただいております。殆どの方が、ワイヤーやブラケットといった装置が他人から見えることを、とても気にしておられます。

目立たない矯正「インコグニート」をおすすめします。

目立たない方法で治療を受けたい方に自信をもってお勧めするのが、裏側矯正「インコグニート」です。インコグニートは歯の裏側にブラケットとワイヤーを取り付けますので、表側からは装置が見えません。

インコグニートなら周囲の目を気にすることなく歯並びを矯正できます

インコグニートの模型

このように、インコグニート(アイブレイス)は装置が外側からかなり見えにくいため、外見を気にすることなく矯正治療が受けられます。インコグニートは目立たない矯正器具で治療したい方や、接客業の方やモデルさん等、装置が目立っては困る方に最適の治療法です。

インコグニートはブラケットとワイヤーを歯に取り付けますが、ブラケット、ワイヤー共にCAD/CAM先端技術によってお一人おひとりの歯型から作られますので、歯の裏側の形状にぴったりフィットします。

インコグニートは世界に1つだけの矯正装置

インコグニートは、完全オーダーメイドで作られております。

1997年にドイツのビッヒマン博士によって開発され、ヨーロッパでは最も信頼できる舌側矯正装置といわれており、今では欧米を中心に1000人以上の矯正医がこの裏側矯正インコグニート(アイブレイス)によって治療を おこなっております。

かなり歯並びが悪い方でもインビザラインで治せるため、患者数は世界で数千人と言われ、日本においても良く知られる方法となりました。

インコグニート模型

インコグニートだけの性能をもっと詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください

インコグニートと従来の裏側矯正装置の比較

従来の裏側矯正装置は、装置を歯に取り付けた時の違和感がとても強く、患者さんに不安と我慢を強いるものでした。

インコグニート(アイブレイス)では、今まで問題とされていた点がかなり改良されています。

そのため、インコグニートは歯の裏側につけるリンガル矯正装置の中では、付けた時の違和感が最も少ない装置と言えます。


従来の裏側装置

普通の裏側矯正装置です。

ブラケットが歯の形状に合っていないために接着剤を分厚くつけて歯に接着しなければなりません。
接着剤の分だけ装置が分厚くなりますので、これを全ての歯に取り付けるとかなりの違和感を感じることになります。
その状態に徐々に慣れはしますが、慣れるまでにかなりの時間を要します。当然喋りにくいということが起こり、人によっては「S」の発音がしにくいこともあります。

インコグニートではいろいろな点が改善!

インコグニート

歯にフィットするようにカスタムメイドされていますので、歯に貼り付けるための接着剤がごく少量で済みます。そのため接着剤による厚みが2ミリ以下ときわめて少なく、装置による違和感は従来の裏側矯正の装置と比べるとかなり減少しました。

従来の裏側矯正中は困難 とされていた「S」の発音が可能になりました。

その他にも、短期間で装置に慣れることが可能になり、 治療期間も従来よりも早いなど、今まで問題点とされていた点がかなり改善されています。


インコグニートと従来の裏側矯正装置の比較

インコグニート
ドイツ・ビッヒマン博士考案
従来の裏側矯正装置
現在主として使用されている
名称
インコグニート リンガルブラケット(最新のものは第7世代)、フジタ式、その他
形態
カスタムメイドなので歯のカーブに沿って作られており、接着剤がわずかで厚みが殆どない。
歯に接着する面積が広いので、装置が外れにくい。

インコグニート

歯の形状に全く合っていないため、接着剤が沢山必要になり、その分厚みが分厚くなる。
この分厚さが口の中の違和感に繋がる。

従来の裏側(舌側)矯正装置

発音の障害
従来の装置に比べるとかなり改善した。特に英語で大切な『S』の発音が改善されたことは大きい。パリ・第7大学(ソルボンヌ大学)で実験済(ビッヒマン博士等)。 装置が分厚いために発音がしにくく、慣れるまでかなり時間が必要。電話で話すときなどに相手が聞き取りにくいこともある。特に英語の『S』の発音が困難。
制作方法
CAD/CAM(コンピューターで設計制作)患者の歯の形態に合わせたオーダーメイドで作製される。 どのメーカーも既製品で同じである。
材質
貴金属・ゴールド(金合金) ニッケル・コバルト等の非金属
アレルギー有無
金合金はアレルギーが少ない。 上記の金属にはアレルギーが出る場合がある。
治療に使うワイヤー
インコグニートの治療に使うワイヤー
ブラケットに取り付けるワイヤーは全てロボットがコンピューターの指示に従って製作するため、三次元的に正確な屈曲ができる。

これによって理想的な歯並びにすることが可能になり、ワイヤー取り付けの際の時間も短縮出来る。
使用するワイヤーは、すべて熟練した矯正歯科医が手で曲げるため、装着時にかなり時間がかかる。
ベテランの矯正専門医であってもワイヤーの屈曲に誤差が出ることもある。
治療費
従来の舌側矯正治療費より約20%高い。ハイテク技術・ロボットの使用のため。 歯科医院によって異なる。
治療期間
約10〜15%早い(装置の脱落等トラブルが少ない)。
歯の表側にワイヤーを取り付ける矯正と比べても変わらない。
装置脱落が多いことや、ワイヤーの精度によって一般的に治療期間が長くなるといわれている。

インコグニートのブラケット    歯を移動させる為のアーチワイヤー
インコグニートの装置の特色

インコグニートのブラケットは、金合金とカスタムメイドのデザインによって作成されます。そのためとても薄く仕上がり、患者さんは従来の装置と比べると快適に治療を受けることができるようになりました。

ブラケットを歯に接着するためには特別な歯科用接着剤を使用します。歯を移動させる為のアーチワイヤーも、特殊なコンピュータ制御のワイヤーベンディングロボットによって、カスタマイズされて作製されますので、歯の位置の移動がスムーズです。

▲PAGETOP

インコグニート治療例

症例1症例2

インコグニートの治療例のムービーをご覧になりたい方はこちらをご覧下さい

あなたもインコグニートで素敵な笑顔を手に入れませんか?

装置が他人から見えない
思いきり歯を見せて笑えるようになる
接客業の方でも他人に知られずに矯正出来る
笑顔がキレイになる

インコグニートで治療をされた方
体験談はこちらをご覧下さい

以前は(と言っても、たった5年前くらいまで)は、裏側矯正はマイナーな治療法でした。

その理由は、裏側からの矯正は歯並びが綺麗に治りにくい、時間がかかる、矯正する医師の方もしんどくストレスが貯まる、技術的にも難しい、など、様々な理由であまり普及しなかったのです。

しかし、最近の目立たない・見えない矯正ブームによって、裏側矯正(舌側矯正)をしたいとおっしゃる患者さんが増えてきました。その立役者がインコグニート(アイブレイス)です。

インコグニートの出現によって裏側矯正は以前よりも快適になり、患者さんの人数もどんどん増えました。

初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

費用と装置を付けた時の見た目が気になります。人に気づかれない方法があるとネットで見ましたが、詳しく教えていただきたいです。

前歯が1本だんだん前に出てきているような気がして悩んでいます。就職活動の前にきれいにしたいと思っていますが早さ重視での治療は出来ますか。出来れば目立たない裏側矯正かマウスピース式で治したいです。

叢生で悩んでいるのですが舌側矯正で治療できますか。接客業なのでなるべく目立たない方法でしたいです。それから、分割払いは何回まで出来ますか。

前歯2本だけが大きくて前に出ているのが気になります。口を閉じても歯がちらっと見えるのを治したいと思います。治療期間中に妊娠や出産が重なっても大丈夫でしょうか。

▲PAGETOP