受け口、反対咬合でお悩みの方へ

受け口でお悩みの方

受け口でお悩みの方

受け口を治すと人生が変わります!!


総院長 松本正洋

私は受け口の方を多く治してきましたが、皆さん「受け口を治したら人生が変わるくらい良かった」とおっしゃいます。例えば、八重歯や乱ぐい歯が治るよりも、受け口が治る方がインパクトというか、変化が非常に大きいのです。

受け口が治って、性格が積極的になり、女性であればすごく美人になり、本当に人生が変わるくらい明るくなり、雰囲気が変わられた方もいます。

目鼻立ちは美人や男前なのに、受け口であるが為にそう見えない方がいらっしゃいます。

是非、受け口は治されて下さい。治療自体は2年くらいかかることも多いですが、必ず治された甲斐があります。


受け口の治療例

受け口の治療例1
受け口の患者さんの症例です。
上の前歯の咬み合わせが反対になっているのを治したいと来院されました。
上の歯が下の前歯に少し被るような正常な咬み合わせになり、
見た目にも飛躍的な改善がみられました。
患者さんからは、いつも口元を気にしていたのに、その悩みから解放された。
友達からキレイになったねと言われて自信が持てるようになったと言ってくださいました。
受け口の治療例1
受け口の治療例2
受け口の患者さんの症例です。
反対になっている前歯の咬み合わせと八重歯を治したいと来院されました。
少し複雑なケースだったので上下全体の歯に器具を付けて、抜歯矯正となりました。
八重歯と前歯の咬み合わせが改善され、美しい歯並びになりました。
患者さんも、矯正に2年と少しかかったけど、見違えるほどキレイになって
嬉しいと言ってくださいました。
受け口の治療例2
受け口の治療例3
受け口の患者さんの症例です。
下あごと上あごの位置関係も正常になりました。
治療前は下の前歯に悪い力が加わって、歯がぐらつき、歯肉が下がっていました(黒い矢印の箇所)。また、下の前歯が出て上の前歯にかぶさっている状態でした。
治療後は前歯の咬み合わせが良くなりました。
受け口の治療例3

子どもさんの受け口の治し方

受け口は子どもさんのうちに治すのが絶対に良いです。

子どもさんのうちに治せば、完璧に治る可能性も十分ありますし、骨格や歯並びも大人になってから治すよりダントツきれいに治ります。また、受け口は、何もせず放っておいた場合、自然に治る可能性は低く、下あごの骨が成長し過ぎると手術が必要になるケースもあります。

子どもさんのうちから治せば手術を避けられる可能性がかなり高くなります。

次に具体的な治し方を説明します。
1.骨格が原因の場合

受け口になる原因の大きな一つに、「上あごが小さいために、下あごが成長し過ぎてしまった」ということがよくあります。そしてその為、前歯のかみ合わせが逆になると、さらに上あごの成長を抑制し、下あごが前に成長してしまいます。

なので、子どもさんの受け口の矯正治療は上あごの成長促進と下あごの成長抑制を行うことが大原則になります。遺伝が原因であってもその治療方針は同じです。

治療を始める時期ですが、受け口の原因が上記に説明したような、骨格が原因の場合は少しでも早く始めた方がいいです。

ただ、早くとは言っても、3〜5才からになります。3才未満ですと、治療自体に子供さんの協力が得られないことと、3才を過ぎてからからでも間に合うからです。

ムーシールド

3〜5才の子供さんの場合は「ムーシールド」という装置を寝ている時に装着する簡単な方法で治していくことが多いです。

ムーシールドは主に上あごの成長を促進する装置です。

6才くらいからは、もっと積極的に上あごを前方に成長させる装置を使います。上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)と言います。

この装置は、上あごを前に成長させ、またそれと同時に下あごの成長を抑制して、受け口を治します。現状では最もいい治療法です。

上顎前方牽引装置上顎前方牽引装置

上あごの成長は11才までには終了するために、11才を過ぎた子どもさんの場合には、チンキャップという下あごの成長抑制装置を使うこともあります。

チンキャップチンキャップ

また、骨格のコントロールを行いながら、歯並び自体も治します。歯並びに関しては、上あごの成長を促進した場合はそれだけで歯並びがきれいになることもよくありますが、最終的にはワイヤーを歯に付けて治すと非常に美しい歯並びになります。

ワイヤーを付ける時期は、永久歯が生えそろってからの12才以降くらいになることが多いです。

2.単純に前歯の位置が逆になっている受け口の場合

骨格に問題がなく、前歯の位置が逆になっているだけであれば、6才から8才くらいの間に、逆になった前歯だけを治します。比較的簡単に治ります。この場合はリンガルアーチという装置を使います。

リンガルアーチ

子どもの受け口の治し方については
お気軽にお電話ください


大人の受け口の治し方

大人の方の場合、骨格の成長は終わってますので、子どもさんのような骨格にアプローチするような治療法ではなく、歯を動かすことによって治していきます。

基本的には「上の前歯を前に持ってくる」か、「下の前歯を後ろにひっこめる」ことになります。普通は両方を合わせて治療をします。


大人の方の受け口の治し方は症状によって変わります。症状別にご説明します。
1.受け口の程度が中程度から重度の場合

この場合、前に出てしまっている下あごの前歯を引っこめる訳ですが、どうやって引っこめるかというと、小臼歯(前歯と奥歯の中間の歯)を抜いて、そこに出来たスペースを利用して前歯を引っこめていきます。

受け口の直し方

小臼歯を抜くと、そこには5mmくらいのスペースができますが、そこにできた5mmくらいのスペースに前歯を下げて持って行くわけです。

下の図のような場合です。

2.受け口の程度が中程度から軽度の場合

この場合は、歯を抜くことなしに、上あごの歯並びをキレイに並べる時に、上あごの前歯を前に出すことによって受け口を治します。この方法で治療できた場合は治療期間も短く、歯も抜かないので患者さん的には結構楽に矯正ができます。下の図のような歯並びの場合です。

3.受け口の程度が重度の場合

重度の場合は、完璧に治そうと思えば手術をしなければなりません。ただ、手術はもちろん全身麻酔とか、手術自体のリスクもありますので患者さんご自身も本来は望んでおられないと思います。

手術なしで治そうと思えば治すことはできます。その場合、どんな風に治るかと言うと、上下の前歯の前後関係が反対であった状態が、正常な状態になるということです。前歯の関係は正常になりますが、骨格を治すことはできませんので、下あご自体の「出てる感」、横顔で見た時の下あごの突出感というものはあまり治りません。

ただ、受け口自体は手術なしでも治せる可能性は高いので、個人の考え方しだいですが、それでも良いかも知れません。

どうしても突出感自体を治したいという方には手術をお勧めいたします。

大人の受け口の治し方については
お気軽にお電話ください


マウスピースで受け口を治す方法

では、マウスピースによる受け口の治療法についてご説明します。

受け口の場合は、条件付きでマウスピース矯正はできます。

1.下の前歯の歯と歯の重なりが強くて、前歯全体が前に出ている場合

2. 骨格ごと、前に飛び出して受け口になってる場合

マウスピース矯正での受け口治療については
お気軽にお電話ください


受け口の原因

受け口の原因はたくさんあります。遺伝的なものと後天的なものがあります。詳しくご説明します。

1.親からの遺伝

顔の形自体は親に似ます。特に顔の上半分はほとんどが遺伝と言われています。 下あごの場合は、正確に言いますとあごの先(オトガイ部といいます)は、遺伝の要素がかなり強いです。ただ、2以下でご説明しますが、下あご全体の位置や形は後天的な要素が強く働きます。

2.最初に生えてきた前歯の位置の問題

6才くらいで最初に前歯が生えますが、その時に何らかの原因で前歯の位置が逆になってしまい、それを基準にそのままかみ合わせが逆のまま成長してしまうこともあります。

3.上あごの成長が不十分な場合

実は、この原因が最も大きな原因なのです。本来は上あごが先に成長して下あごが後からそれを追いかけるのですが、上あごの成長が不十分だと、下あごが上あごを飛び越えてどんどん成長し放題になってしまうわけです。

上あごの成長不全の原因はたくさんあります。ひとつには、離乳が遅れたり、おしゃぶりを長く使っている子どもさんは、ほっぺたの筋肉がいつも緊張していてそれによって上あごの骨を圧迫して上あごの成長を阻害します

4.舌(ベロ)が短い子どもさん

受け口になりやすいです。理由は、普通舌(ベロ)は上あごに接しているのですが、舌(ベロ)が短いと上あごを押すことができずに、上あごが成長不全になります。さらには、舌(ベロ)が下あごの後ろに位置してしまい、下あごを成長させるように力が働いて、余計に受け口になりやすくなります。

5.くち呼吸の方

くち呼吸の方は鼻や鼻の骨の機能が不十分です。鼻と上あごの骨は連動してる為に上あごの成長不全が起きます。そうすると、前述のように下あご上あごを飛び越えて成長してしまうのです。

また、口から息をたくさん吸おうとして舌(ベロ)の位置が落ち込んでしまいます。そうすると気道が圧迫されて狭くなり、下あごを前に出して息をしようとします。それが長く続くと受け口になってしまいます。

受け口治療 無料メール相談

受け口でお悩みの方はご相談ください。総院長の松本正洋がお答えします。

当院では受け口治療の症例数が非常に多く、受け口治療については自信をもって行っております。

受け口を治療してよかったという方がたくさんおられます。

お気軽になんでもご相談くださいね。

気になることは何ですか?

私の受け口の場合、歯を抜くかどうかを知りたい

私の場合の受け口治療の治療期間を知りたい

私の場合の受け口治療の総費用を知りたい

マウスピース矯正や裏側矯正で治るかどうか知りたい

私の場合、最終的にどんな風になるのか知りたい

その他ご質問があればお書きください。

お名前
[全角](名字だけでも可)
Eメールアドレス [半角英数]
電話番号
下記は、メール相談の方は必要ありません
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • まつもと歯科(吹田本院)
  • クローバー歯科クリニック豊中本町院
  • クローバー歯科クリニック豊中駅前院
  • なんばクローバー歯科
  • 梅田クローバー歯科クリニック
  • 三宮クローバー歯科クリニック
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
第1希望

第2希望

※【メールアドレスについて】携帯電話のメールアドレスをご入力された方の一部に当院からのメールが届かないという現象が発生しております。なるべくPC用のメールアドレスをご使用いただきますよう、よろしくお願いします。

以下はご興味のある方のみお読みください

受け口の方の場合、歯を抜いて治療するかどうかをよく聞かれますが、骨格的に下あごの出具合がきつい場合は、下の小臼歯2本を抜く可能性が高くなります。また、下あごの前歯がかなり重なっている場合も小臼歯抜歯の可能性が高くなります。

下あごの出具合があまりきつくない場合で、下あごの前歯が重なってなく、上あごの歯が重なっている場合は上下とも抜かなくてもいける可能性が高いです。

あるいは、下あごを大きく下げたいというお気持ちが強ければ、下あごの歯は抜いた方が大きく下がります。

また、受け口の治療期間に関してですが、それは個人によってかなり違ってきます。ただ大ざっぱに言うならば、早くて1年半、長くて2年半から3年くらいかかります。

この治療期間は歯を抜くかどうかによって大きく変わりますし、受け口の程度によっても変わります。そして、患者さんご自身の希望によっても変わります。もちろんなるべく早く終わるよう最新の知識で臨んでいます。

そして、受け口治療をマウスピース矯正や裏側矯正でしたという方も結構いらっしゃいます。結論は裏側矯正は適していますが、マウスピース矯正は適応が限られるということです。マウスピース矯正は大きく歯を引っ込めることが苦手なんです。でも、できる場合もありますのでご相談頂けたらと思います。

あと、当然ながら結果的に治療が終わったらどんな感じになるのか知りたいという方も多いです。

治療が終わって最終的にどんな風になるかは、治療前の状態やご自身のご希望で大きく変わってきます。

もし、骨格的に受け口がきつい場合であれば、歯並びはキレイになりますが、骨格的に下あごが大きく引っ込むことはありません。横顔的にも、少ししか変わらないかと思います。ただ、歯並びの反対は治りますし、少しは下あごも下がりますので、それで満足の方もおられますし、そうでない方もおられます。

骨格的に大きな問題がなく、ただ単に前歯のかみ合わせが反対になってるだけでしたら、治療後はかなり満足度の高い仕上がりになります。歯並びはすごくキレイになり、またかみ合わせもぐんと良くなります。

我々矯正専門医は、最もキレイな仕上がりになるよう常に患者さんのことを考え、毎日矯正治療の勉強をしています。

最後になりますが、受け口を治すのに歯にセラミックをかぶせて治す方法もあります。軽度の受け口ならそれでもいいかとは思いますが、そうでない場合は基本的にはそんなにお勧めはしていません。

なぜなら、歯を大きく削ったり、歯の神経を取ったりするからです。そういったことを行うと、歯は残念ながら弱くなり寿命が縮まります。一生の健康のことも考えた治療が望ましいと考えています。

さらに、かぶせて治す場合は仕上がりもそんなにキレイにはなりにくいです。

受け口(反対咬合・下顎前突)について

受け口

下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態を受け口といいます。
上の歯が下の歯にかぶさるようになるのが正しい咬み合わせですが、受け口の方は上の歯に下の歯がかぶさっています。

受け口は「反対咬合」または「下顎前突」ともいいます。前歯だけが前後している場合とあごの骨が前後にずれている場合があります。横顔がしゃくれているように見えることがあります。

見た目だけでなく機能的な問題も改善します

原因としては遺伝的な要因と咬み合わせ、筋肉のバランス、頬杖・下あごを出す癖などが関係しています。受け口は下あごが大きく成長しすぎてしまったり、上あごが成長できずに小さい場合などに起こります。

受け口の場合前歯がきちんと咬みあわないので食べ物をよく噛めなかったり、舌の動きが制限されて発音がしにくく特にサ行やタ行が難しくなるので、言葉が聞き取りづらいと言われることもあります。

また下あごが前に押し出されることで歯が動揺(歯がグラグラする)したり、歯肉が下がり歯周病を引き起こしやすくなります。

矯正治療によって歯並びがきれいに整い、咬み合わせが改善することで、 顔のゆがみの改善にもつながります。受け口を治すと見た目はもちろん、食べ物が良く咬めるようになるなど機能的な問題も改善されます。

大阪矯正歯科センターでは、「自然な見た目」と「良い噛み合わせ」の2点を ゴールと考え、受け口の治療を行っていきます。

受け口の方におすすめの矯正方法
ミニスクリュー(インプラント矯正)

ミニスクリュー(インプラント矯正)

ワイヤー矯正と併用して歯列を後ろへ動かすための固定源としてミニスクリューを埋め込む方法です。一般的な矯正では奥歯を固定源としますが、奥歯にも力がかかり前に動いてしまうので歯が十分に後退できなくなってしまいます。インプラント矯正ではミニスクリューを固定源にするので理想的な位置に歯列を動かすことができます。

詳細ページへ

ホワイトワイヤー矯正

ホワイトワイヤー矯正

歯の表側にブラケットとワイヤーをつける方法です。白いセラミックブラケットとホワイトワイヤーを使いますので目立ちにくいです。セラミックブラケットは歯の色に近いので従来の銀色のブラケットのようにギラギラした感じがなく上品です。

詳細ページへ

次のような症状のある方はご相談ください
  • 下あごが出ている
  • あごがしゃくれている
  • 発音がしにくい
  • かみ合わせが逆になっている

費用固定・調整費なし  初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

▲PAGETOP

メール相談フォーム