大阪矯正歯科センターの費用

矯正歯科の費用
目次

お支払方法

おサイフにやさしい料金プラン(分割払い・カード払い・デンタルローン)

当院では現金払いのほか色々なお支払方法があります。分割払いも可能です。

1. 分割払い

20回までの分割は金利・手数料 負担完全 0です(自動口座振替)。
当院の特徴です。カード会社の審査もいらないのでお手軽です。

2. デンタルローン
デンタルローンを導入しています 
最大84回まで

例)81万円(税込)36回払い

毎月支払金額  24,095 円/月

最終回支払金額 24,078 円/月

金利手数料は 実質年率 4.5 %です。(かなり安い手数料です)

3. カード払い

各種クレジットカードもご利用いただけます

クレジットカードでのお支払いが可能です。

費用・分割払いについて詳しくは 0120-505-589(歯科相談ダイヤル)にお電話ください。親切ていねいにご説明します!

料金表

※ 歯列矯正は保険が適用されない自由診療です

ワイヤーを使う矯正

内容 治療費(税抜)
ワイヤー矯正(普通矯正)
管理料(1回)¥3,500

ワイヤー矯正(普通矯正)

【表側矯正】銀のワイヤー、目立ちにくい白いブラケットを使用します。

【上下(全顎)】
¥750,000
+消費税
【上か下(片顎)】
¥480,000
+消費税
ホワイトワイヤー矯正
管理料(1回)¥3,500

ホワイトワイヤー矯正

【表側矯正】目立ちにくい白いワイヤー、白いブラケットを使用します。

【上下(全顎)】
¥790,000
+消費税
【上か下(片顎)】
¥500,000
+消費税
裏側矯正インコグニート
管理料(1回)¥5,000

裏側矯正 インコグニート(アイブレイス)

【裏側矯正】ブラケットやワイヤーをオーダーメイドで作成する「インコグニート」。歯の裏側に装置をつけるため、表からは見えません。

【上下(全顎)】
¥1,450,000
+消費税
【上か下(片顎)】
¥840,000
+消費税

【裏側矯正・表側ワイヤー併用】
(コンビネーション・ハーフリンガル)
人から見えやすい上あごは裏側矯正(インコグニート)、目立ちにくい下あごは表側矯正(普通ワイヤー矯正)で治療します。

【上下(全顎)】
¥1,150,000
+消費税
部分矯正(MTM)
管理料¥0

部分矯正1(重度の不正咬合)

(白いワイヤーの場合は¥20,000+消費税 加算)
(裏側矯正の場合は¥150,000+消費税 加算 ※三宮院では取り扱っておりません)

【上か下(片顎)】
(前歯4〜6歯のみ)

¥400,000
+消費税

部分矯正2(中程度の不正咬合)

(白いワイヤーの場合は¥20,000+消費税 加算)
(裏側矯正の場合は¥150,000+消費税 加算 ※三宮院では取り扱っておりません)

【上か下(片顎)】
(前歯4〜6歯のみ)

¥300,000
+消費税

部分矯正3(軽度の不正咬合)

(白いワイヤーの場合は¥20,000+消費税 加算)
(裏側矯正の場合は¥150,000+消費税 加算 ※三宮院では取り扱っておりません)

【上か下(片顎)】
(前歯4〜6歯のみ)

¥200,000
+消費税
<オプション>ミニスクリュー(インプラント矯正)
管理料¥0

ミニスクリュー(インプラント矯正)

【オプション】
歯を動かすために補助的にミニスクリュー(矯正用インプラント)を埋め込みます。治療期間を短縮できます。

1ヶ所 ¥30,000
+消費税
2ヶ所 ¥60,000
+消費税
3ヶ所 ¥80,000
+消費税
4ヶ所以上
¥100,000
+消費税
<オプション>インダイレクトボンディング
管理料¥0

インダイレクトボンディング

【オプション】
ブラケットの正確な取り付け位置を模型上で決めてから、口の中に取り付けます。治療時間の短縮や精度の高い仕上がりが期待できます。

【上下(全顎)】
¥60,000
+消費税
【上か下(片顎)】
¥30,000
+消費税

※消費税別途。適用される消費税率はお支払い時点のものとなります。
※管理料(1回):治療中の管理・調整として掛かります。緊急処置をした場合や、来院のない月には費用は発生しません。最高で月1回までです。


マウスピース矯正

内容 治療費(税抜)
インビザライン
管理料¥0

インビザライン

【マウスピース矯正】透明なマウスピース型の装置を使用します。取り外しが可能です。

【上下(全顎)】
単独の場合
¥900,000
+消費税
【上下(全顎)】
ワイヤー併用
¥1,000,000
+消費税
【上か下(片顎)】
単独の場合
¥600,000
+消費税
【上か下(片顎)】
ワイヤー併用
¥700,000
+消費税
※消費税別途。適用される消費税率はお支払い時点のものとなります。

セラミック価格・審美歯科治療費


内容 治療費(税抜)
子どもの矯正 1期治療
管理料¥0

子供の矯正T期治療

【乳歯列期・混合歯列期】
●成長をコントロールしながらあごの大きさや前後関係を整えて、良い歯並びにする下地を作る重要な治療です。
●「歯列育形成」や「子ども健康矯正」もまず1期治療だけを行うことができます。

【上下(全顎)】
¥450,000
+消費税
子どもの矯正 2期治療
管理料¥0

子供の矯正U期治療

【永久歯列期】
●1期治療で骨格を良い状態にした後、ワイヤー矯正で歯並びを綺麗にします。
(歯列育形成と子ども健康矯正の1期治療終了後も含む)

●イージー(簡単なケース) 【上下(全顎)】
¥400,000
+消費税
●ノーマル(普通のケース) 【上下(全顎)】
¥500,000
+消費税
●ディフィカルト(難しいケース) 【上下(全顎)】
¥600,000
+消費税
歯列育形成
管理料¥0

歯列育形成

【乳歯列期から永久歯列期まで】
主に取り外しの装置を使い、成長を利用してあごを拡大し、永久歯の歯並びを綺麗にします。
1期治療と2期治療を一貫して行います。治療が何歳までかかってもこの費用以上はかかりません。
まずは、歯列育形成の1期治療から始めることもできます。(費用450000円+消費税)

【上下(全顎)】
¥850,000
+消費税
5才以下は¥50,000+消費税加算
子ども健康矯正(顎顔面矯正)
管理料¥0

子ども健康矯正(顎顔面矯正)

【乳歯列期から永久歯列期まで】
固定式の装置でお顔やあごの骨格から根本的に改善します。歯並びはもちろん、身体全体を健康にする画期的な方法です。
1期治療と2期治療を一貫して行います。治療が何歳までかかってもこの費用以上はかかりません。
まずは、子ども健康矯正の1期治療から始めることもできます。(費用450000円+消費税)

【上下(全顎)】
¥850,000
+消費税
5才以下は¥50,000+消費税加算
ムーシールド
管理料¥0

ムーシールド

【3才ごろから】
マウスピース(ムーシールド)を就寝時に使用し、受け口(反対咬合)を治療します。

¥150,000
+消費税
※消費税別途。適用される消費税率はお支払い時点のものとなります。
内容 料金
日帰り全麻

15万

CT 2万
術前検査(血液検査・胸部X線等) 1.5万
3D骨格モデル 3.5万
セットバック
内容 料金
上顎歯槽骨setback

119.8万税抜

下顎歯槽骨setback

109.8万税抜

上下setback

159.8万税抜

上下setback+オトガイ削り

189.8万税抜

下setback+オトガイ削り

139.8万税抜

エラ削り
内容 料金
エラ削り 外板のみ

69.8万税抜

エラ削り 広範囲

129.8万税抜

オトガイ形成
内容 料金
オトガイ骨広範囲骨切り術

109.8万税抜

オトガイ骨先端骨切り術

69.8万税抜

オトガイ骨骨切り前方移動術

119.8万税抜

Vライン形成
内容 料金
オトガイ形成+エラ削り

179.8万税抜

※消費税別途。適用される消費税率はお支払い時点のものとなります。

治療前のカウンセリングについて

初診カウンセリング無料

初診カウンセリング無料 ¥0

初診カウンセリングを無料で行っています。初診料、レントゲン代もいただいておりません。



保定装置の費用は上記費用に含まれています

トータルフィー制で安心

保定装置(後戻り防止装置)代 ¥0

上記の価格表の治療費には
・装置代金 ・応急処置費 ・保定装置費が含まれています。



費用のお支払方法について

お支払方法について

ご自分に合ったお支払いプランを選べます。

費用のお支払いにはクレジットカード払い、分割払いもご利用いただけます。お支払いの方法はご自分にあったプランをじっくりご相談のうえ、お選びいただけます。

クレジットカードでのお支払いが可能です。


保定装置の再製作について

保定装置の再製作について以下の場合は有償になります。
1.紛失したとき/2.無理な使用により破損したとき/3.指示通り以外での使用により、装置に不具合が生じたとき/4.指示通りでの使用により破損した装置を紛失し、持参できないとき/5.指示した保定期間以降での再製作/6.他院で処置を施され、直接的・間接的に影響を受けたとき

医療費控除について

矯正治療費も医療費控除の対象になります(美容矯正は除く)。1年間に現実に支払った治療費(他院の治療費も含む)が、10万円を超えた部分が医療費控除の対象になります。税金の還付額は収入により異なります。

還付請求は確定申告の時に行ってください。その時には領収書の添付が必要となりますので、大切に保管してください。手続き方法など、詳しくは最寄りの税務署へお問い合わせください。

医療費控除って何?

自分や自分と生計を一にする家族や親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

医療費控除の対象となる医療費の条件は?

1.納税者が、自分または自分と生計を一にする家族や親族のために支払った医療費であることです。
2.その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であることです。

医療費控除のポイントとは?

  • 交通費も医療費控除の対象となります。申告には医療費の領収書、また交通費の記録が必要です。(自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。)
  • ご家族の中で、一番所得金額の多い人が申告する方がお得になります。
  • 治療は、同じ年にご家族一緒に受けるのがお得です。
  • 医療費控除は最長5年前までさかのぼって受けることができます。
  • 美容目的の矯正治療や歯ブラシ、歯磨き粉などの物品購入費は対象外です。
手続きについて
必要な手続き 確定申告(申告書に必要事項を記入し、最寄りの税務署に提出)
期間 毎年2月中旬〜3月下旬(還付申告は1月〜)
申告書の入手方法 国税庁ホームページ、税務署、市区町村窓口で入手できます。
用意するもの
  • 医療費の領収書
  • 料金や経路を記録した交通費のメモ
  • 源泉徴収票(給与所得者の場合。コピー不可)
  • 医療費控除の内訳書
  • 印鑑(認印可)
  • 通帳(確定申告される方の名義のもの)
  • 保険金などで補てんされている金額が分かるもの
医療費控除の計算方法

医療費控除になる金額は、次の式で計算した金額です。

医療費控除の計算方法

医療費控除で軽減される税額
【所得税】
[医療費控除額]×[課税総所得金額に応じた所得税率]=[所得税の還付金]
軽減される税額
【住民税】
[医療費控除額]×[一律10%]=[住民税の軽減額]

※軽減される税額は、その方に適用される所得税率によって異なります。

税額速算表(所得税+住民税)
課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 15% 0円
195万円を超え 330万円以下 20% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 30% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 33% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 43% 1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下 50% 2,796,000円
4,000万円超 55% 4,796,000円

[平成27年現在]

軽減される税額の早見表
課税総所得金額 1年間で支払った医療費の総額
(保険金などで補てんされる金額がない場合)
30万円 100万円 200万円
軽減される税額
150万円 33,750円 138,750円 288,750円
300万円 40,000円 180,000円 380,000円
500万円 60,000円 270,000円 570,000円
800万円 66,000円 297,000円 627,000円
1,000万円 86,000円 387,000円 817,000円
2,000万円 100,000円 450,000円 950,000円

[平成27年現在]

※所得控除が基礎控除(38万円)のみ受けているものとして計算しています。

医療費控除を実際に受けた例
例1:Aさん家族(課税所得金額700万円)


例2:Bさん家族(課税所得金額800万円)


無料Web診断(無料費用診断コーナー)

総院長 松本正洋総院長の松本正洋が、あなたの場合の治療費・治療方法・治療期間をお答えさせていただきます。

初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かメールでどうぞ

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

▲PAGETOP