唇が薄くなる矯正とは

唇が薄くなる矯正とは

お口を開けないとわからない不正咬合などの歯並びより、自分の顔のつくりが気になるという方はおられます。一般的に、たらこ唇(唇が前方に出ている)などと言われるものもそうですよね。それが「歯列の矯正により唇が薄くなる可能性がある」という事をご存知でしょうか。

周囲の人は特にそう思っていなくても、ご本人様からしたらお悩みという事は多いです。今日は、どのようなお口の状態の場合が治療可能か、詳しくご紹介いたします。

矯正で唇が治らない場合

先に、矯正治療を行っても変わらないケースを申し上げます。それは、唇そのものが分厚い方です。そのような方は、残念ながら歯列矯正を行っても治りません。どうしても気になる場合は、美容整形などの専門的なクリニックに通院し、唇自体に外科的治療を行う事をおすすめします。

ただ、歯並びや噛み合わせで口元の突出感(一般的に口ゴボと呼びます)があるのでしたら、矯正治療により唇が薄くなる可能性はありますね。

唇の厚みの原因は?

唇の分厚さ以外の原因として、考えられるものは以下の二つです。

口呼吸を行っている

口で呼吸を行っていると、鼻呼吸の方に比べて、口が開いている時間が多いです。そうなれば、通常よりも口を突き出し気味にしてしまったり、自分の意識ですぼめようとするくせがつきます。自然と口を前に出す傾向が定着し、分厚い唇となり、横顔のEラインを保てない事が多いです。口呼吸で唇のお悩みを持つ方は、上顎の唇より下顎の唇が分厚くなる可能性が高いですね。

歯が前方に出ている

専門的には前突、一般的には出っ歯と言われる症状ですね。舌のくせや指しゃぶり、おしゃぶりなどの習慣で出っ歯になり、唇が押し出され分厚く見えてしまうことがあります。前歯で唇が常に前方に押された状態なので、矯正により綺麗な歯並びにしない限り、唇の厚さは消えないです。

唇の突出感が矯正で薄くなる?

では、口呼吸や前突が原因の場合は、どのような治療法を行えば、唇や口元の突出感が気にならなくなるのでしょうか。それは、アンカースクリューと呼ばれる補助装置を使用したワイヤー矯正が一般的です。

表側でワイヤーやブラケットを装着する事に抵抗があるという患者様には、裏側に付ける舌側矯正(インコグニトなど)で行う場合もございます。裏側からの矯正は費用が高いという事がデメリットではありますが、周囲の人から見えないというメリットが大きいですね。歯科医師やスタッフとのカウンセリングの際に、「唇が気になっている」というお悩みをきちんと伝えましょうね。

アンカースクリューとは何かわからないと思われる方もいらっしゃると思います。詳しくは下記のリンクをご参照くださいね。

そして、口元の突出感を失くすためには、小臼歯を抜歯してワイヤー矯正を行う事が多いです。「どうしても永久歯を抜歯をしたくない」「インビザラインという取り外し可能なマウスピース矯正装置で行いたい」という患者様もおられるでしょう。ですが、大人の矯正で口元の突出感を少なくする場合は、抜歯という治療方針を選択する歯科医院もあるという事を頭に置いてくださいね。

抜歯については下記リンクをご参照くださいね。

歯科矯正用のアンカースクリューって怖い?
矯正治療の計画を作成する時に、アンカースクリューの埋入をご提案...

自分で改善?唇が薄くなる方法

上記以外で自分自身で改善する方法をご説明いたします。口呼吸が原因のケースですと、鼻呼吸へ変えるようにしていきましょう。くせと同じく無意識で行いがちですので、鼻での呼吸を意識的に行うよう努力しましょう。そして、お口を閉じた際に、お口をきゅっと横に広げるイメージで口角を上げていくと良いですね。

また、お口の周りには筋肉が多く存在します。口輪筋、口角挙筋、口角下制筋、上唇頬筋、上唇尾翼挙筋、下唇下制筋、頬筋、大頬骨筋、小頬骨筋などそれぞれに役目があります。今、マスクで隠しているため、筋肉が衰えている方も多いと思います。お顔のリフトアップをし、お口の筋肉を動かすことにより、唇の改善を見込むという事に繋がるかもしれません。

まとめ

あと一つ重要な事を申し上げます。それは、患者様ご本人が気にされている程、周囲の方が唇を気にしていないという可能性もあるという事です。厚いぽってりとした唇が素敵だと思われる方もおられます。

ただ、噛み合わせが悪く咀嚼機能や顎関節に影響がある方、歯並びがもともと気になっておられる方は、早めに歯科医院で矯正治療を行うべきですね。横顔のEラインが気になる方、唇が薄くなるようにされたい方も、矯正歯科で一度お悩みを相談されるのもいいかもしれません。外科的処置を行うよりも、矯正治療で解決するかもしれませんよ。