子供の矯正を途中でやめるとどうなる?

子供の矯正を途中でやめるとどうなる?

「子供の矯正を途中でやめるとどうなりますか?」転勤が多い患者様から、このような質問を受けたことがあります。では、子供の矯正を途中でやめるとどんな事が起こるのか、詳しくご説明いたします。

子供の矯正とは

子供の矯正の内容は、主に2段階になっています。1期治療、2期治療と呼ばれるものです。

通常、1期治療の対象年齢は5歳位から11歳位までの乳歯と永久歯の混合歯列期、2期治療の期間は12歳以降の永久歯列期です。1期治療では、主に上下の顎のバランスを整え、歯列を広げて歯を並べるスペースを作る事を目的とします。その際に骨格に原因のある反対咬合のケースは上あごの発達を、上顎前突のケースは下あごの発達を促します。

あごのバランスを上下整えると、お顔のバランスがより良くなりやすいというメリットがあります。1期治療に使用する器具は、固定式の拡大装置、急速拡大装置、拡大床、リンガルアーチ、上顎前方牽引装置、T4K、プレオルソ、インビザラインファーストなどです。前突・開咬・叢生・受け口・過蓋咬合、どのお口の状態に当てはまるかを歯科医師が診断し、最適の治療法を提案いたします。

2期治療は永久歯が全て生え揃ってから行います。1期治療である程度顎のバランスを整えていると、不正咬合でも永久歯の抜歯リスクを低くする事ができます。成人の方と同じような矯正装置(ワイヤー、インビザライン)を全顎的に装着し、歯並びや噛み合わせを正しくしていきます。

子供の矯正を途中でやめる原因

子供の矯正を途中でやめる場合、原因がどういうものかによって大きく異なります。

転勤や留学で矯正治療を途中でやめる

ご両親の転勤でもしくは留学や進学などで他の都道府県に引っ越しをする場合、矯正治療の為にお子様が歯科医院への通院をし続ける事が難しくなります。この場合は治療を“途中でやめる”というよりも、“途中でやめざるを得ない”という表現が正確でしょう。

数年単位で引っ越しをされるご職業などもございますが、治療が終了間際でない限りは、他の矯正歯科に転院を行うか、治療をやめるかの選択になります。ドクターやスタッフに事情を話して依頼をすれば紹介状を出してもらえるとは思いますが、転院先では別途治療費が発生する可能性は高いと思われます。

お子様ご自身の意思により矯正治療を途中でやめる

こちらの理由の場合、事態はより深刻だと言えます。「子供が装置を嫌がる」「周囲の人からの見た目を気にしている」「長い時間装着するのが難しい」というお悩みの方はいらっしゃいます。

また、担当医による歯の動きのチェックやクリーニング、新しい装置(ワイヤーやマウスピース)の交換や調整により、通院を一定間隔ごとに行わないといけない為、習い事や部活などで忙しいという状況が重なり、続けたくないとなってしまうケースはよくあります。

途中でやめる場合の矯正費用

矯正歯科の費用については、一般的にどうと申し上げることはできません。なぜなら、クリニックの方針や、どの器具を装着しているかなどは、契約内容によってまちまちだからです。一例としては、ワイヤー・ブラケット矯正を行っている方は、進捗具合に応じて途中精算を行う事が出来るケースがあります。

ただ、インビザラインなどのマウスピース型矯正装置で矯正を行っている方は、返金対応が難しい場合がほとんどです。なぜなら、カウンセリング後の精密検査や型取り、全てのマウスピース(アライナー)を最初に作製しているからです。まだお渡しできていないアライナーに関しては、全てお渡しする事は可能な歯科医院が多いと思います。ですが、その後引っ越し先の医院でこのアライナーで続きを行ってほしいと言っても、系列医院ではない限り、難しいと言えます。

子供が矯正を途中でやめる場合のデメリット

子供の矯正治療を途中でやめる身体的なデメリットについてご案内します。歯は必要な力をかければ動くものですので、子供の矯正治療を途中でやめると、大切な歯への影響が出てしまうのがデメリットです。それまで治した(動いた)歯は正常な位置になるのかと思いがちですが、それは違います。

途中でやめる際のデメリットでよく挙げられるのが、後戻りなどのリスク、歯が動きすぎる、お口が不衛生になり易いというものです。正常な位置に導いても、矯正期間や保定期間(リテーナーという装置で歯の位置を保持)をきちんと守らなければ、不正咬合の歯列に戻ります。

特に、ワイヤー矯正でワイヤーを装着したままの状態でやめると、歯の動きを促進しすぎるというデメリットが考えられます。

後は、来院するタイミングで歯科衛生士によるクリーニングを受けていた患者様は、次第に口腔内の環境が悪化し、虫歯や歯周病のトラブルを発症する可能性があります。

矯正を途中でやめる事になったが治療再開は可能?

「子供の時に矯正をやっていたけど再開したい」「途中まで治療をやっていた」などという声は、実際によく耳にします。全く矯正治療をやらずに大人になった方と、途中までやっていて大人になった方で、差があるかと言われれば、治療期間などに差はありません。矯正治療を中断したポイントから再スタートという訳にはいかないのが現状です。

矯正を途中でやめると、後戻りは起きます。つまり、初めて矯正治療を検討された方と同じく、通院して相談や、検査、ドクターによる診断を行い、一から治療をスタートいたします。

まとめ

今回は「子供の矯正を途中でやめるとどうなりますか?」という事についてご紹介いたしました。矯正治療を始める際には「最後までしっかり続ける」意思を子供にきちんと確認しましょう。難しいかもしれませんが、なるべく転勤の時期を外して治療を開始しましょう。

矯正治療は保険適用外のため、自費治療で高額な料金が発生します。「綺麗な歯並びになってお口を隠さずに笑おう」「発音を良くしよう」などとご本人様と明確な目的を持ち、最後まで治療を続けていきましょう。【参照先:成長期にある骨格型反対咬合患者の矯正治】