【動画】歯の矯正と小顔の関係

歯の矯正をしたら小顔になれるのでしょうか? 矯正治療をすれば、八重歯などの歯列のお悩みは治ります。歯列が治ったと同時に小顔になれるのか、気になる方も多いでしょう。

歯並びが綺麗になり、加えて小顔になるとより良いですよね。今日は矯正と小顔の関係についてご説明したいと思います。

矯正でEラインが整うか

以前「矯正でEラインが治るか」というテーマを動画でご説明しました。小顔も似たような仕組みがありますのでご説明します。

Eラインというのは鼻の頭とあごの先を結んだ線のことで、これををEラインと呼びます。Eはエステティックの意味で、エステティックラインというのが正しい名称です。

日本人の方のほとんどが、平均的にEラインより唇が出ています。大体、上下どちらの唇も出ています。

出っ歯や八重歯を矯正治療したら小顔になるの?

出っ歯と八重歯

出っ歯の方の場合、4番の歯を抜いて矯正治療を行います。歯を1本抜くと1本分のスペースができます。その空いたスペースに、出ている前歯を下げていきます。

そうすると上あごは、歯が下がると同時に骨格も下がります。骨は歯の根をしっかりと支えていますが、矯正を行えば、骨自体も後ろに下がります。骨が後ろに下がるという事は、顔が引っ込んで小顔になります。

つまり、出っ歯の方は歯を抜いて矯正治療を行えば小顔になります。出っ歯以外の他の不正咬合の方、例えば八重歯の方は矯正したら小顔になるかと言いますと、やり方によっては、YESになります。

エラが張っている場合はどうしたら小顔になるの?

えらが張っている

小顔というのは様々な要因があります。例えば骨格の問題です。骨格のエラが張っている方は顔が大きく見えます。

そして、正面から見た時の顔の大きさは、咬筋(こうきん)という筋肉で決まります。咬む力と書いてで咬筋といいますが、ギュッと歯を噛みしめると、咬筋の中心部分が膨らんで顔が大きく見えます。咬筋が大きい方は顔が大きく見えます。

1.美容外科の注入治療で咬筋を小さくする方法

ボトックス注射

咬筋は矯正治療で小さくなります。咬筋を小さくする一番簡単な方法は、矯正以外では美容の施術です。

ボトックスという筋肉を緩める薬を咬筋に注射すると、筋肉が緩んで、スッと小顔になります。同時に脂肪溶解注射を行うと脂肪も溶けて小顔になります。

2.矯正治療で咬筋を小さくする方法

咬筋は使いすぎるから大きくなる

咬筋が大きくなる理由は、咬筋を使いすぎているということです。ダンベルで筋トレをすると腕に筋肉がつくのと同じ原理で、ご飯を食べる時に咬筋を使い、噛んでばかりいると、咬筋が大きくなってしまいます。

特に咬み合わせが悪い方は、噛みにくいので力を入れて咬筋を使います。その結果、咬筋が発達して大きくなって顔が大きく見えてしまうのです。

矯正治療の場合、ほとんどの方は噛み合わせが低いです。低い深い噛み合わせといっても、一般の方々には、どんな噛み合わせなのか、すぐには想像できないと思います。

低い深い噛み合わせは、過去の治療で複数の奥歯を治療した時に、詰め物や被せ物の高さが低い時に、起こることが多いのですが、多くの場合、 徐々に噛み合わせが低く深くなっていきますので、気がつかない場合が多いのです。

しかし、低い深い噛み合わせを知らずに放置すると、奥歯への噛み合わせの負担が増し、歯周病や虫歯、歯の割れなどの原因になります。また、下顎が後ろに移動した状態の噛み合せになりますので、顎の関節に負担がかかり、顎関節症の原因にもなります。

奥歯になんとなく違和感があるけれども、歯科医院へ行っても原因がわからない時などは、低い深い噛み合わせが原因の場合も多々あります。

噛み合わせが低いと、噛む為に咬筋の移動量が大きくなります。噛みにくく、そして移動量が大きい為に咬筋をよく使うので、咬筋が大きくなるのです。

歯科医院で行っている矯正治療は、インビザラインなどもそうですが、噛み合わせを高くします。先程のダンベル運動を例にしましたが、腕をたくさん動かすと筋肉がつく一方で、少ししか動かさなければ、筋肉は付きにくいです。

それと同じく、矯正治療で噛み合わせを高くすることで、咬筋の運動量が減り、咬筋が痩せて小顔になります。もちろん矯正治療ですので、歯並びが良くなるという利点もあります。

矯正治療で噛み合わせが良くなって噛みやすくなると、咬筋を委縮させる作用がありので、委縮すれば咬筋は小さくなり、小顔になります。

矯正治療でほうれい線もなおりやすくなる

ほうれい線

歯の矯正で小顔になると言っている歯科医院は殆どないと思いますが、当院ではインビザライン等によって咬筋を委縮させて、小顔になるということを意識しながら治療しています。

矯正治療で元々低かった噛み合わせが高くなると、ほうれい線も治りやすくなります。ほうれい線を治す方法としては、ヒアルロン酸注射や糸リフトなどがありますが、矯正治療の結果噛み合わせを高くなると、ほうれい線が薄くなります。

例えば、右側のほうれい線が深くて、左側は浅い方の場合は、ほうれい線が深い側の噛み合わせが低いということが考えられます。ほうれい線が深い側の噛み合わせを高くすると、ほうれい線が改善します。

まとめ

歯の矯正で小顔になれるかどうかは、矯正治療のやり方によっては小顔になります。

歯科医師が矯正治療の結果小顔にすることを考慮せずに、例えば八重歯だけを治す治療を行ったとしたら、小顔にはなりません。