【動画】子供の出っ歯治療

お子さんの矯正でご相談の多い「出っ歯の治し方」をご説明します。

出っ歯の治療は、受け口程急ぐ必要がありません。治療を急がないといけないお口の状態は、受け口の治療や、クセの治療です。出っ歯の場合は、始める年齢なども受け口と比較すると、スタートはゆっくりで大丈夫です。

出っ歯の基本的な治し方をご説明します。治し方は3段階あります。

  1. 出っ歯になる原因を治す
  2. 顎を横に広げてアーチを大きくする1期治療
  3. 歯並びをきれいに整える2期治療

これらの3段階の治療で子どもの出っ歯治療は成り立っています。

1.出っ歯になる原因を治す

出っ歯の症例

まず、どうして出っ歯になるのかという原因を治します。

出っ歯の方は上顎が前方に成長しやすくなっています。顎が横に広がらずに前に成長するために出っ歯になっている方が多いです。

出っ歯になる原因は?

出っ歯になる原因は、皆様もご存知でしょうか。出っ歯は遺伝と思っておられる方も多いでしょう。実は出っ歯は遺伝よりも、遺伝以外の要素が大きいです。

受け口の場合は、遺伝の要素が確かにありますが、出っ歯はある程度原因が決まっています。

出っ歯の原因1.おしゃぶり、指しゃぶり

指しゃぶり

一つ目の原因は、おしゃぶりや指しゃぶりです。指しゃぶりでは指を口に入れて唇側へと押しますので、これによって歯が出てしまいます。

同じ原理で、中学生で吹奏楽などをやっていると、どうしても出っ歯になってしまいます。指しゃぶりによって物理的に出っ歯になってしまうことが非常に多いです。

出っ歯の原因2.口呼吸をしている

口呼吸

二番目の原因は口呼吸です。口呼吸で出っ歯になることは、ご存じない方もおられるかもしれません。

お子さんの口呼吸のサインはお口ポカンです。わかりやすいですね。口呼吸のお子さんは常に口が開いています。口呼吸になっているお子さんは舌の位置が低く、舌が上顎に付かないので、上顎の成長が遅れて上顎が狭くなってしまいます。

もう少し詳しくご説明しますと、口呼吸のお子さんは、舌の位置が低く、後退しています。舌の正しい位置は上顎の前歯の裏側(舌が前歯に触れない位置です)で、舌は常にこの位置にありますが、口呼吸のお子さんは舌が常に上あごに接していません。

舌の筋肉が上顎に接することにより、上顎を押して前と横に成長させます。上あごを成長させるためには舌の力が必要ですが、口呼吸のお子さんは舌の位置が低いために舌が上あごに当たらないです。

舌の位置が低いとどうなるかというと、舌が上顎に当たらずに、唇や頬の筋肉が上顎に当たってしまいます。頬の筋肉が上あごに当たってしまうと、上顎が横から押された形になり、上あごの形がU字型やV字型になってしまいます。つまり、前に尖ってしまうのです。

口呼吸の方は、あごの形が前に尖っていることによって前歯が出てしまうというケースが多いです。口呼吸はマウスピースによって治すことができます。

出っ歯の原因3.舌癖(ぜつへき)によって前歯を押す

舌癖舌癖(ぜつへき)はおしゃぶりと同じように舌を前に押してしまい、その結果前歯が前に飛び出してしまいます。

そのようなクセがあると、舌が前歯を前に押してしまい、出っ歯になることがあります。

出っ歯の原因4.下あごが後ろに下がっているので相対的に出っ歯に見える

出っ歯のイラスト

四番目の原因は、これはご存じない方も多いと思いますが、下顎が後ろに下がっている場合があります。上顎が前に出ているのではなく、下顎が後ろに下がっている場合も出っ歯に見えます。

このような場合は下あごを前に成長させなければなりませんので、1の「出っ歯になる原因を治す」治療を行います。

以上の四つが出っ歯になる原因です。

出っ歯になる原因の治し方

プレオルソとT4K

出っ歯の原因は、基本的にはマウスピースで治します。お子さんの出っ歯治療のためのマウスピースの種類には、プレオルソやT4Kというものがあります。

これらのマウスピースには、舌を乗せる部分があります。そこの舌を乗せることで、位置が下がっていたり後退していたりしていた舌を、正しい位置に置くことが出来るようになります。

正しい位置とは、上顎の前歯の後ろに舌がぴったりとつく位置です。この時に、舌は前歯には接しませんので前歯を押すことはありません。

舌が適切に上あごに接すると、舌の筋肉の力が上あごに作用して、上顎が適切に横に広がります。プレオルソ、T4Kなどで治療をすると出っ歯を防ぐ効果が期待できます。

プレオルソ、T4Kの装着時間

プレオルソの装着時間

プレオルソ、T4Kなどのマウスピース治療の装着時間は、寝ている時と、そして昼間1時間のみ装着します。

寝ている時はずっと装着しておいて、あと昼間1時間のみです。1時間のみなので、学校で装着する必要はありません。帰宅して1時間、何らかの時間に装着するだけです。寝るまでの間、つまり夕方や夜でも構いません。

寝るまでの間に1時間装着して、さらに寝る時に装着するというものがプレオルソ、T4Kです。プレオルソで、出っ歯になる原因を治します。

これらのマウスピースで舌癖や指しゃぶりも治ります。マウスピースを口に入れると、舌の位置が固定されていますので、指をしゃぶる事ができません。そのため出っ歯になる原因(おしゃぶり・指しゃぶり・口呼吸・舌癖)をこのマウスピースが治してくれます。

顎を横に広げてアーチを大きくする1期治療

1期治療ではお子さんの顎を横方向に広げることによって、歯列を横に広げて大きくします。顎を横に広げていくと上顎の領域はある程度決まっているので、前歯が後ろに下がります。

それには3つの方法があります。

1.インビザラインファースト

インビザラインファースト

大人の矯正ではインビザラインの人気が高いです。インビザラインをお子さんを対象にして行う装置を、インビザラインファーストといいます。

大人のインビザラインも同様ですが、インビザラインファーストにはお口のアーチを大きくする効果があります。歯を動かす事によって、アーチが広がります。

2.プレート

小児矯正プレート

プレートは小児矯正用の取り外し式の装置です。装置の中央にネジがあり、このネジを広げていくことで、お子さんのあごが左右に大きくなります。

ただしプレートを使用する前に、舌で前歯を押す癖がある場合や舌の位置が低い場合は、それを先に治さなければなりません。舌のクセが治ってないと、プレートが邪魔をして舌を正しい位置に置くことが出来ません。

3.急速拡大装置

急速拡大装置

急速拡大装置という固定式の装置があります。これもプレートと同じようなネジが装置の中央部にあり、ネジを巻く事によって上あごが左右に広がり、大きくなります。

しかし急速拡大装置は取り外し式ではなく、歯にしっかりと固定されます。ご自身で外すことは出来ません。

ネジを回して装置を広げていくことで顎が大きくなるメカニズムについて簡単にご説明します。

人間の頭蓋骨は真ん中が割れていて、その部分を正中縫合と呼んでいます。上あごも同様に割れています。正中縫合で元々割れた構造になっているので、ネジであごが左右に広がりやすいです。

左右に広がってできたスペースには、また新しい骨が出来ます。急速拡大装置を使用すると、短期間でお口が横に大きくなりますので、非常に効果があります。

歯並びをきれいに整える2期治療

子供の二期治療

出っ歯になる原因を治し、上顎を横に広げて骨格もきれいに整えることが出来た方は、
更にきれいな歯並びを目指します。

1期治療が終わった段階でも歯並びはある程度はきれいになっていますが、歯が斜めになっていたり、歪んでいたり回転していたりした場合に、それを治すのが2期治療です。

「更にきれいに歯を並べたい」「スマイルラインも綺麗にしたい」という患者さんには、2期治療を行っています。

歯が生え揃ってからの一般的な治療はワイヤー矯正というものです。最近ではワイヤー矯正以外にもインビザラインというマウスピース装置を使った矯正方法もあり、そのような装置で歯並びを綺麗にしていきます。

出っ歯になる原因を治し、骨格が綺麗になっているので、2期治療は簡単に済みます。

まとめ

以上がお子さんの出っ歯の治し方になります。受け口のお子さんの治療ほど急ぐ必要はありませんが、遅くても8歳、出来ましたら6、7歳位から始めるのが良いです。

大人になってからの治療になると、出っ歯は治りますが骨格はほんのわずかしか下がりません。ちなみに受け口の場合の治療では、大人の場合、下顎の骨格は変わりません。ただ、上顎ならば、ほんのわずかですが大人でも下がります。

しかし期待する程は下がりませんので、「出っ歯を骨格から治したい」「横顔も綺麗にしたい」という場合は低年齢から始めるという治療法を私どもはお勧めしております。