出っ歯(口ゴボ・上顎前突)の矯正治療について

出っ歯治療

[最終更新日]2020年10月6日

出っ歯はキレイに治ります

普通の矯正治療・手術で1日で治す方法
マウスピース・セラミックなど
あなたに合わせた方法をご提案します。

出っ歯でお悩みの方へ

総院長 松本正洋
総院長 松本正洋

出っ歯でお悩みの方は多いと思います。口元が原因で引っ込み思案だった方も、出っ歯が治れば、積極的で明るい性格に変わり、人から好かれます。

私は治療後、とても魅力的に変わられた方を大勢見てきました。

是非、出っ歯は治されてください。出っ歯は前歯を引っ込めるだけで治りますので、そんなに難しいことではありません。


出っ歯(口ゴボ)の歯列矯正治療例

治療例1 大阪市29才女性

  • 治療例1-1
  • 治療例1-2
  • 治療例1-3
  • 治療例1-4

【治療内容】
上の前歯が大きく飛び出していましたがワイヤー矯正で前歯の傾斜を引っ込む方向に変えることにより歯を抜かずに治療出来ました。

【費用】ワイヤー矯正上(片顎)480,000円(税抜) 管理料(1回)3,500円

【リスク】
ワイヤーを初めてつけてから1週間は少し痛いしご飯も食べにくいので気をつける必要があります。
抜歯をせずに矯正をすることによるデメリットとしては、矯正治療が終了しても数年で歯が元に戻ってしまうというケースがあります。矯正治療が終わってからは、リテーナーという透明なマウスピースをつけていただく事で歯の後戻りを防ぐことが出来ます。

治療例2 神戸市22才女性

  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例2-1
  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例2-2
  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例2-3
  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例2-4

【治療内容】
上顎の前歯が2本大きく飛び出た歯並びを治す目的で来院されました。
矯正治療で抜歯が必要かどうかは、歯がどの程度出ているか、歯の重なりがあるかないか等によって決まります。精密検査・診断の結果、この患者さんは非抜歯で矯正できる範囲でした。

前歯を引っ込めるために歯の表面にブラケットとワイヤーを取り付ける方法で治療を開始しました。下の歯もガタガタしていたために上顎と同じようにワイヤー矯正で治療しました。
抜歯をせずにワイヤー矯正で治す場合は、前歯の側面を0.25mm〜0.5mm削ってスペースを作り、歯を動かしていきます。これをスライス矯正といいます。エナメル質は厚さが1.5mmありますので、スライス矯正で削っても痛みはありません。

【費用】ワイヤー矯正上下(全顎)750,000円(税抜) 管理料(1回)3,500円

【リスク】
ワイヤーを初めてつけてから1週間は少し痛いしご飯も食べにくいので気をつける必要があります。

治療例3 豊中市40代女性

  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例3-1
  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例3-2
  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例3-3
  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例3-4

【治療内容】
上の前歯と下の前歯の両方が前に出ている方の症例です。骨格的に出ているわけではなかったので、歯を抜かずにワイヤー矯正で治す事が出来ました。

【費用】ワイヤー矯正上下(全顎)750,000円(税抜) 管理料(1回)3,500円

【リスク】
ワイヤーを初めてつけてから1週間は少し痛いしご飯も食べにくいので気をつける必要があります。また、歯みがきも大変しにくくなりますので、矯正治療中はブラッシングが十分に行き届かず、虫歯になりやすい状態になるため、歯科衛生士が患者さんに歯みがき指導を行います。

治療例4 大阪市28歳女性

  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例4-1
  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例3-2
  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例3-3
  • 出っ歯(口ゴボ)の治療例3-4

【治療内容】
上の前歯が骨格ごと大きく飛び出ていたので、4番の歯(第一小臼歯)を抜いて歯を動かすスペースを作り、前歯を後ろに下げました。

【費用】ワイヤー矯正上(片顎)480,000円(税抜) 管理料(1回)3,500円

【リスク】
ワイヤーを初めてつけてから1週間は少し痛いしご飯も食べにくいので、気をつける必要があります。矯正装置が口の中にあたって口内炎が出来やすくなる方もおられます。


出っ歯の治療方法について

【治療内容】上の前歯が骨格ごと大きく出ている場合は4番の歯(第一小臼歯)を抜いて歯を動かすスペースを作り、前歯を後ろに下げます。

【費用】ワイヤー矯正上下(全顎)750,000円(税抜) 管理料(1回)3,500円

【リスク】ワイヤーを初めてつけてから1週間は少し痛みがあり、食事もしにくいため、気をつける必要があります。

ドクターイラスト

出っ歯、口元が突出している状態の治療方法は大人と子供で大きく異なります。子供さんは骨格の成長を利用して出っ歯を治し、大人は歯と骨格を動かすことで改善することが可能です。

子供(小学生以下)の場合

  • 子どものイラスト

    子供さんの出っ歯治療には大きく3つの種類があります。

    1. 上あごの骨格の位置は正常で、前歯だけが前に飛び出している

    2. 上あごの骨格の位置は正常で、下あごが引っ込んでいるために出っ歯に見える。

    3. 上あごの骨格が前に出ているために出っ歯になっている。

  • 子どもの受け口治療
女性ドクターイラスト

下あごが引っ込んでるために出っ歯に見える方が多いです。純粋に上あごだけが前に出ていて出っ歯になっている人は少ないです。

では、それぞれについて治療法をご説明します。

1. 上あごの前歯だけが前に飛び出してる。

上あごの骨格が正常で前歯だけが飛び出して出っ歯になっている場合です。

●前歯の重なりが少ない状態であれば、前歯の角度を変えて治す。

(装置はワイヤー、ブラケット等)

●前歯が重なって前に飛び出してる場合は、6歳臼歯→小臼歯→前歯(重なりを取ってから)の順で後ろに下げる。

(装置はGMD,ペンデュラム、ワイヤー、ブラケット)


2. 上あごの骨格の位置は正常で、下あごが引っ込んでいるため出っ歯に見える。

●下あごを骨格ごとゆっくりと前に移動させる。

(装置は、斜面板、FKOなど)


3. 上あごの骨格が前に出て出っ歯になっている。

この場合は、骨格を後ろに下げないと出っ歯が治りません。治療方法は3つあります。

●6歳臼歯→小臼歯→前歯の順に後ろに下げる。

(装置はGMDペンデュラムヘッドギアなど)

●まず上あごの骨格を横に拡げる。骨格が横に拡がると自然に成長の段階で前歯が下がる。

(装置はプレート急速拡大装置など)

●永久歯が生えそろってから小臼歯を抜いて、そこに出来たスペースに前歯を移動させて出っ歯を治す。

(装置はワイヤー、ブラケット)

大人(中学生以上)の場合

大人女性イラスト

出っ歯を治すには小臼歯を抜歯して、そこに出来たスペースに前歯を移動させて治療します。

成人の方の場合は、歯を安全に動かすためにも抜歯矯正を提案する場合がございます。

5mmスペースができる

小臼歯を抜歯すると、5mmくらいのスペースができますので、そのスペースに前歯を移動させて出っ歯を治します。

前歯が下がると上あごの骨格自体も下がります。

上下の前歯が骨格ごと下がりますので、横顔がキレイになります。

最近、自力で治したいと、割り箸を使ったセルフトレーニングで治すなどがネットに上がっていますが、大変危険です。歯にダメージがかかって歯が折れてしまったり、抜歯につながる可能性もあります。欠損して後悔されないように、矯正は歯科医師にお任せくださいね。

まとめ

出っ歯を治療することによって得られるメリットは、自分に自信ができて積極的な明るい性格になり、毎日が楽しくなることです。

出っ歯の治し方については
お気軽にお電話ください

出っ歯治療は矯正?セラミック?


どちらも、メリット・デメリットがあります。どちらを選ぶかは、時間、費用、見た目だけでなく、他にも健康面など色んなことが関わってきます。具体的にご案内します。

全体が出っ歯の場合

かぶせる・矯正で治す

かぶせて治す場合

歯を削ってセラミックの歯をかぶせて治したとしても、出っ歯の歯の向きが変わるだけです。

向きが変わるだけで良いという方には良いかもしれませんが、お顔の骨格自体が後ろに引っ込むことはありません。

クラウンと呼ばれるかぶせものもオールセラミックなど材料が様々です。どれを選ばれるかにより歯肉との境目に金属が見えてしまったり、見た目も変わってまいります。

ですので、ワイヤー矯正などに比べると凄くキレイにはならないのです。さらに、大事な歯の神経も取らなければいけません。ただ、治療期間は短いです。メリット、デメリットをまとめます。

メリット

  • 治療期間が何ヶ月単位であり、ワイヤー矯正より短い
  • 費用が矯正より少し安い
  • 非抜歯で対応でき、歯そのものはセラミックなので白くて形は綺麗

デメリット

  • 上アゴの骨格自体の位置は下がらないので、凄く美しい歯列にはならない。
  • 歯の神経を取らなければいけないので、歯の強度が脆くなり健康に悪い。(その歯の寿命が短くなる)
  • セラミックの歯自体は保険が効かないので、ある程度費用がかかる

矯正治療で治す場合

メリット

  • 骨格自体が後ろに引っ込むので、横顔がきれいになり、より美人・男前になる
  • 歯の神経を取る必要がない。
  • かぶせないので、歯を大きく削る必要性がない
  • 前歯だけでなく奥歯の噛み合わせも良くなり、健康に良い

デメリット

  • 治療期間がかかる(1〜3年)
  • かぶせて治すより費用がかかる。(1.5倍くらい)
  • ワイヤーが嫌いな方は、しんどい。
  • 歯を抜いて治すことが多い。(ただ、抜いても結果的に歯並びのバランスが良くなり、同時に噛みやすくなるので別に大きいデメリットではない)

【結論】全体的に出っ歯の方には、かぶせて治す方法はオススメできません。

前歯1〜2本が出っ歯の場合

1本から2本くらいが出っ歯の方の場合は大きく2つの治療法があります。

出てる歯の軸の方向を引っ込める様に変えてから、かぶせる方法。

出てる歯の軸の方向を引っ込める様に変えてからかぶせるセラミック治療

メリット

  • 簡単に治る。
  • 費用もそんなにかからない。
  • 期間もそんなにかからない。

デメリット

  • 歯の神経を取らないといけない。
  • その歯が生えるスペースが足りない為に歯が1本だけ出ているので、向きを治してかぶせた歯が幅の狭い歯となることもある。

出てる歯だけを抜いてかぶせる方法

その場合は、その抜いた歯の両サイドの歯を削ってかぶせて3本つなぎのブリッジという歯を入れ、抜いたすき間を埋めます。

出ている歯を抜いてかぶせるセラミック治療

この場合に、ブリッジによる治療ではなく矯正でする場合は、左右の小臼歯という歯を2本抜いてすき間を作り、そのすき間を使って出っ歯を引っ込めます。

出っ歯はマウスピースで治る?

マウスピース

最近、マウスピース矯正がすごく注目されてます。
マウスピースは取り外し式でお手軽で、人前に出る時は外せるなど、メリットがたくさんあります。

以前は、出っ歯はマウスピースでは治りにくいと言われてました。
現在では、出っ歯の方のほとんどはインビザライン矯正で治ります。

にもかかわらず、出っ歯はインビザラインでは治らないと言ってる歯科医院はインビザラインの知識や経験がないか格安の歯科医院です。

ただ、キレイに治りにくい場合もあります。それは、骨格ごとひどい出っ歯になってる場合です。

そういう場合でも、インビザライン矯正の結果、前歯が引っ込みますので治ることは治りますが、前歯を引っ込める量がすごく大きい方の場合は、ワイヤーを併用したり手術の方が適してる場合もあります。

骨格ごと出っ歯になってる方の治し方
1. インビザラインとワイヤーを併用した治療法

ワイヤーを併用した方が、治療期間の短縮が見込める。

2. 歯の裏側に装置をつける裏側矯正

裏側に装置を付けるため、気付かれない。

3. ワイヤー、ブラケットともに白いものを使う審美矯正

歯に表側に装置を付けますが、白いので目立ちにくい。
のどれかが最適です。当院では、その辺のところをご納得いくまで、親切ていねいにご説明しますので、何でもおっしゃってくださいね。

カウンセリング風景

現在では多くの歯科医院がインビザライン矯正を行っていますが、矯正の経験が豊富な専門医院で治療するのがベストです。

インビザライン矯正は医院によって値段が違いますが、なぜ違うかというと、最大の違いは普通の歯科医師が行うのか、インビザラインの認定(専門)医が行うのか、なのです。

金額が安いからといって、それだけでは選ばないで下さい。インビザライン治療は決して簡単な治療ではありません。

出っ歯になる主な原因

出っ歯の原因には大きくわけて二つあります。遺伝によるもの(先天的)と、癖(くせ:後天的)によるものです。

それぞれを詳しく説明します。

1.遺伝

親から引き継いだもので、これはどうしようもありません。

2.おしゃぶり(幼児期のおしゃぶり)を長期間使用した人

赤ちゃんの時におしゃぶりを使っていて、それがやめられなくて指しゃぶりをする子どもさんは前歯をベロで押してしまい、前歯が前に出てしまいます。

3.爪を噛む癖のある人

爪を噛むと、上の前歯が、前方方向に倒れてきて、出っ歯の原因になったり、歯と歯の間にすき間ができてしまったりします。

4.口呼吸(くちこきゅう)をしてる人

口呼吸

口呼吸を長く続けていると、いつも口がポカンと開いた状態になってしまいます。そうすると、唇の筋肉が弱ってしまい、ベロの筋肉に前歯が押されて前歯が出てしまい、出っ歯になってしまいます。

5.唇を噛む癖のある人(下くちびるを前歯で噛む)

下くちびるを噛むと下の前歯は内側に倒されます。上の歯は外側に出てしまい、出っ歯の原因となります。

6.ベロを前に出す(ベロで前歯を押す)癖のある人

物を飲み込む時にベロを前に押し出すような癖のある方は、ベロが前歯を押しており、出っ歯の原因となります。

7.ベロを上下の前歯の間にはさむ癖のある人

何かに夢中になったりテレビを見ているときに、口がポカーンと開いてしまって上下の歯と歯の間にベロが入りこむと、ベロが前歯を後ろから押すことになってしまい、出っ歯の原因となります。

8.ベロを前歯で噛む癖のある人

ベロを前歯で噛むと、前歯は前に押し出される方向に力が働いてしまい、出っ歯になってしまいます。

出っ歯でお悩みの方は
お気軽にお電話ください

出っ歯(口ゴボ)治療 無料メール相談

出っ歯でお悩みの方はご相談ください。総院長の松本正洋がお答えします。

当院では出っ歯治療の症例数が非常に多く、出っ歯治療については自信をもって行っております。

出っ歯を治療してよかったという方がたくさんおられます。

お気軽になんでもご相談くださいね。

気になることは何ですか?

出っ歯の場合、歯を抜くかどうかを知りたい

出っ歯治療の治療期間を知りたい

出っ歯治療の総費用を知りたい

出っ歯がマウスピース矯正で治るかどうか知りたい

出っ歯を手術で1日で治る方法を知りたい

その他ご質問があればお書きください。

お名前 [名字だけでも可]
Eメールアドレス [半角英数]
電話番号
下記は、メール相談の方は必要ありません
※出っ歯の手術をご希望の方はカトレア歯科(梅田イーマ)にチェックを入れてください
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • カトレア歯科(梅田イーマ)
  • 梅田院(大阪駅前第3ビル)
  • 梅田茶屋町院
  • なんば院
  • 心斎橋院
  • 吹田本院
  • 豊中本町院
  • 豊中駅前院
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
※当フォームから今日・明日の予約はできません。
お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

第1希望

第2希望

※【メールアドレスについて】携帯電話のメールアドレスをご入力された方の一部に当院からのメールが届かないという現象が発生しております。なるべくPC用のメールアドレスをご使用いただきますよう、よろしくお願いします。

女性写真

出っ歯が治ると、見た目が良くなるために何事にも前向きで活発になり、人前に出るのが楽しくなり、自分に自信が持てます。

また、むし歯や歯周病にもなりにくくなり、さらには肩こりや顎関節症にもなりにくくなることが証明されています。つまり、心も体も健康になります。

具体的な治し方にはいろんな方法があります。ワイヤーを表からつける方法、周囲にわかりにくいよう裏からつける方法や程度が軽ければマウスピース型の矯正装置で治すこともできます。

出っ歯(口ゴボ・上顎前突)について

出っ歯イラスト

上の前歯が下の前歯より突き出ている状態を出っ歯もしくは上顎前突と言います。出っ歯は上の前歯が前に出ている歯並びで、口元が盛り上がって見えたり、または下顎が引っ込んでいる場合もあります。

そのため見た目が気になり、コンプレックスになっている方も多くおられます。

日本人に多い「出っ歯」

「出っ歯」は不正咬合の中で日本人に多い症状です。歯だけが出ている場合と上あご全体が下あごよりも大きく出ていて骨格的に問題のある場合があります。

カウンセリングイラスト

出っ歯で起こる問題として上の前歯が出ていることで上唇が上がったままになり、口が閉じにくいという傾向があります。

また、唇が閉じにくくなるので唇が乾燥したり、口呼吸になってしまったり、ぶつかった時に折れたり欠けたりしやすくなりますので、注意が必要です。

出っ歯には上の歯だけが出ているタイプと上あごの骨がずれて前に出ているタイプがあります。原因としては遺伝的要因と口呼吸、指しゃぶり、舌の癖などがあります。

口元が出ていると口が閉じにくいため口の中が乾燥しやすく唾液が少なくなり、放っておくと虫歯、歯周病、口臭のリスクが高くなります。また、発音障害が出たり、上下の歯がうまくかみ合わないため顎関節への負担も大きくなります。

上下の前歯がうまく咬み合わないので無意識のうちにあごをずらして咬む癖がついてしまうことがあり顎関節への負担を大きくしてしまいます。そこから頭痛や肩こりを引き起こすこともあります。

出っ歯を治すことは見た目だけでなく、歯や体の健康につながります

女性イラスト

きれいな歯並びになると見た目がよくなるだけでなく、しっかり食べ物が噛める、虫歯や歯周病の予防、頭痛や肩こりの軽減など多くのメリットがあり、歯や体の健康を保つことにつながります。

大阪矯正歯科グループでは、「自然な見た目」と「良い噛み合わせ」の2点を ゴールと考え、出っ歯でお悩みの方の治療を行っていきます。

出っ歯(口ゴボ)の方におすすめの矯正方法
ホワイトワイヤー矯正

ホワイトワイヤー矯正

歯の表側にブラケットとワイヤーをつける方法です。白いセラミックブラケットとホワイトワイヤーを使いますので目立ちにくいです。セラミックブラケットは歯の色に近いので従来の銀色のブラケットのようにギラギラした感じがなく上品です。

詳細ページへ

ミニスクリュー(インプラント矯正)

ミニスクリュー

ワイヤー矯正と併用して前歯を後ろへ動かすための固定源としてミニスクリューを埋め込む方法です。

一般的な矯正では奥歯を固定源としますが、奥歯にも力がかかり前に動いてしまうので前歯が十分に後退できなくなってしまいます。インプラント矯正ではミニスクリューを固定源にするので前歯だけを理想的な位置に動かすことができます。

詳細ページへ

次のような症状のある方はご相談ください
  • 前歯が出ている
  • 上の口元が気になる
  • 口元が出ていて口が閉じにくい
  • 口を閉じると下あごの先の方にしわができる
  • 下あごが小さい

初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜土 9:00〜18:00
日・祝・年末年始・夏季休暇期間を除く

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かネットから

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

▲PAGETOP

矯正無料相談・予約
メール相談フォーム