すきっ歯の原因は?矯正して治す必要がありますか?

すきっ歯の原因は?矯正して治す必要がありますか?

隣の歯との間に隙間が出来ているのがすきっ歯(空隙歯列)です。軽度のすきっ歯を治すのは比較的簡単ですが、すきっ歯の原因や治す必要があるのかについてご説明します。

すきっ歯の原因は?

すきっ歯になる原因は色々考えられますが、以下のようなものが代表的な原因といえます。

  • 顎が標準より大きい
  • 歯が標準より小さい
  • 指しゃぶりの癖があった
  • 舌が標準より大きい
  • 歯の本数が少ない

顎のサイズが標準よりも大きい方は、歯が全て生え揃ってからも歯と歯の間にスペースが出来てすきっ歯になりやすいです。

また、仮に顎の大きさは平均的でも、歯のサイズが小さい場合はすきっ歯になる場合がありますし、本来生えてくるはずの永久歯が生えてこないときにもスペースが余ってすきっ歯になる場合があります。、

また、子供の頃から指しゃぶりの癖があると、指で前歯の裏側から前歯を押し広げてしまうことがあります。

舌のサイズが大きい場合も、歯を舌側から押す力が働いて、歯を唇側に押し広げる原因となります。

すきっ歯を治療せずに放っておくとどうなる?

すきっ歯を治療せずにそのまま放置した場合、様々なデメリットがあります。

1.食事がしにくい影響が出る

すきっ歯の影響としては、食事の際にものが噛み切れなかったり、奥歯の場合はうまく食べ物を擦りつぶせないということが考えられます。

2.発音がしにくい影響が出る

前歯と前歯の間に隙間があると、そこから空気が抜けてしまって発音が不明瞭になる場合があります。

3.虫歯や歯周病のリスクが高まる

歯と歯の隙間に食べ物が挟まりやすくなります。毎日歯の汚れをきれいにしていないと歯石が出来て虫歯や歯周病の原因になります。

4.見た目に悪い影響が出る

前歯の間に大きな隙間が出来ている場合は、歯抜けのように見えてしまい、審美的に良くありません。

5.隙間に歯が動いてきて歯並びや噛み合わせが悪くなる

隣の歯との間に隙間が出来ているとその部分に歯が動いてくることがあります。歯が動くと歯並びや噛み合わせに影響が出てきます。

すきっ歯は部分矯正で治る?

前歯に僅かな隙間がみられる場合は、部分矯正での治療が可能かもしれません。ただし、奥歯の噛み合わせに問題がある場合は、全体矯正となります。

部分矯正と全体矯正の違い

部分矯正で治療可能か、全体矯正になるかは、矯正担当医の診断によります。矯正初診カウンセリングなどで相談すると、どちらの矯正方法になるかや、抜歯が必要になるかどうかがわかります。

部分矯正とは

部分矯正は主に前歯の一部分だけが不正咬合になっている場合の治療方法です。ワイヤー矯正の場合は前歯にだけブラケットをつけます。治療期間が短く、治療費も全体矯正と比べると安価であるのが特徴です。

前歯や軽度のガタガタ(叢生)、すきっ歯の治療に適しています。また、矯正治療後数年たって前歯が後戻りしてきた場合にも、部分矯正で治療できることが多いです。

全体矯正とは

全顎矯正ともいい、通常の歯列矯正では部分矯正ではなくこちらを指します。歯の重なりや出っぱりなどの不正咬合または噛み合わせを治すために、歯全体を動かして歯並びを整えていく方法です。

治療期間は最低でも2年程度かかることが多く、治療費も部分矯正と比べると高額になります。

すきっ歯の治療のための矯正装置

すきっ歯の治療に使われる矯正装置は3種類あります。

ワイヤー矯正

歯の表側にボタンのような形状のブラケットを貼り付け、ブラケットの溝の部分にワイヤーを通してぎゅっと力をかけて歯を動かしていきます。

最も一般的な矯正治療のための装置ですが、見た目が目立つことから、敬遠されることもあります。当院では目立たない白いセラミックのブラケットを使用しており、ワイヤーも金属のものと、金属に白いコーティングを施したホワイトワイヤー(※追加料金がかかります)が選べます。

裏側矯正

歯の裏側にブラケットとワイヤーをつけます。目立たないことから、他人に矯正治療中であることを知られたくない方におすすめです。

当院ではインコグニトという名称のオーダーメイドのブラケットとワイヤーを使用します。インコグニトは形状が薄く、歯のカーブに沿っているため、一般的な裏側矯正の装置よりは薄く歯にフィットします。

サ行、タ行などの発音がしにくくなることと、歯磨きが難しいこと、そしてワイヤー矯正よりも治療費が高額になることがデメリットとなります。

マウスピース矯正

当院ではインビザラインというマウスピース矯正装置を使用します。透明な樹脂で出来たマウスピースを1日22時間はめ続けて少しずつ歯を動かしていき、食事や歯磨きはマウスピースを外して行えます。装着時間をしっかりと守れるかどうかで、治療計画通りに歯が動いていくかどうかが決まります。

透明で目立たないため、マウスピース矯正は近年人気がありますが、比較的軽度の不正咬合の治療に向いており、抜歯矯正や重度の叢生の場合はワイヤー矯正をおすすめする場合もあります。

まとめ

すきっ歯の原因や治療しない場合のデメリット、治療方法などについてご説明しました。治療するかどうかは、矯正担当医とよく話し合ってお決めいただければと思います。