すきっ歯の原因別治療方法について教えて

すきっ歯の原因別治療方法について教えて

「すきっ歯が目立つのが嫌で口を開けて笑えない」
「前歯の中心がすきっ歯で目立つのがコンプレックス」

すきっ歯(空隙歯列)は不正咬合の中では比較的簡単に治りそうだと思う方が多いのですが、実はすきっ歯になった原因によって治療方法が変わります。すきっ歯の治療についてご説明します。

すきっ歯の原因

空隙歯列(すきっ歯)すきっ歯にはいくつか原因があります。まず、ご自身がどれに当てはまるのかを知る必要があります。

  1. 舌癖
  2. 下顎前歯の突き上げによる
  3. 歯が小さい
  4. 欠損している歯が原因
  5. 歯周病が原因

舌癖が原因のすきっ歯

すきっ歯と聞いて思い浮かぶのは上の前歯のすきっ歯ですが、上顎だけでなく下顎の前歯にも隙間がある場合は、舌を前に突き出す癖(舌突出癖)が原因で起こっているすきっ歯である可能性があります。

舌の癖によって起こっているすきっ歯は、まず癖を治しましょう。舌の癖は自分で治すことが可能です。癖が残ったままだと、せっかく歯並びを治療しても、また舌の癖によってすきっ歯になってしまう可能性があります。

舌突出癖は舌が常に歯を外側に向かって押す力が働きます。そのため歯が外側に倒れて歯と歯の間に隙間が生じてしまいます。

歯に付ける矯正装置は、ワイヤー矯正でもマウスピース矯正でも大丈夫です。奥歯の噛み合わせに問題がなければ、部分矯正で治すことも出来ます。

下顎前歯の突き上げが原因のすきっ歯

噛み合わせが深いと、下顎の前歯が上顎の前歯を押し上げる力が働き、上の前歯がすきっ歯になることがあります。常に下顎前歯が上顎前歯を押している状態では、上顎前歯がグラグラしはじめることもありますので、早めの治療をおすすめします。

下顎の前歯が上顎の前歯を常に押していることが原因ですので、このタイプのすきっ歯は上の前歯と前歯の間の隙間を閉じただけでは治りません。そのため、すきっ歯よりも先に深い噛み合わせを治す必要があります。

つまり、深い噛み合わせを治すための全体矯正が必要になります。

歯が小さいことが原因のすきっ歯

身体的な特徴として、歯が小さいという方がおられます。顎の大きさに対して歯の大きさが全体的に小さいために、歯と歯の間に隙間が出来てしまいます。

また、前歯6本のうちの一部分だけが小さい「矮小歯」というケースもあります。矮小歯は上顎側切歯(前から2番目の歯)に起こることが多く、矯正治療ではなく、歯の見た目を大きくする治療を行います。

小さな歯の上から大きな差し歯を被せて歯の大きさを整えることで、歯と歯の間の隙間を失くす方法と、ラミネートベニアと呼ばれるセラミック製の薄い爪のようなものを歯の表面に貼り付ける方法があります。

差し歯を被せるためには歯を削らなければなりませんが、ラミネートベニアは割れたり取れたりすることがありますので、どちらが安定して長持ちするかは担当の歯科医師におたずねください。

歯の欠損が原因のすきっ歯

歯の数が生まれつき足りない先天欠損の方が近年増えています。先天欠損は下顎前歯、上顎側切歯、上下左右第2小臼歯(前から5番目の歯)に多く起こります。

どの歯が欠損しており、どの程度すきっ歯になっているかによって、矯正治療で治る場合もあれば、インプラントが必要になる場合もあります。

歯周病が原因のすきっ歯

歯周病が進行して歯茎の状態が悪化すると、歯並びが崩れて歯と歯の間の隙間が広がることがあります。歯周病の治療をまず行い、歯茎の状態が良くなってきたら矯正治療を開始します。

すきっ歯はどんな問題があるの?

ご本人にとっては「すきっ歯の問題は見た目」であるかもしれません。しかし外見だけではない、歯や身体の健康に影響が出る場合があります。

見た目の問題

前歯のすきっ歯は人から見えやすいためにとても気になり、コンプレックスになっている方もおられます。その結果人と笑ったり話したりすることが億劫になってしまうことがあります。このような人とのコミュニケーションの問題は小さな問題とはいえません。

歯の健康の問題

歯と歯の間に隙間があると、食べカスが挟まりやすくなって歯垢が溜まり、細菌が繁殖するために虫歯や歯周病のリスクが高まります。虫歯も歯周病も、進行すると歯を失う危険がありますので、常に歯垢をきれいに落とすセルフケアが必要になります。

身体の健康の問題

すきっ歯であるためにものが噛みにくく、良く噛まない状態で飲み込むと胃腸への負担がかかります。

まとめ

女性

すきっ歯の原因と原因別の治療方法についてご説明しました。すきっ歯の隙間がどの程度かによって、すぐに治療した方がいい場合と、放置しても問題ない場合があります。しかし、すきっ歯がご本人のコンプレックスになっている場合は、歯並びを治した方が良いと思われますので、歯科医院にご相談ください。