裏側矯正でEラインは整うの?

裏側矯正でEラインは整うの?

矯正治療で歯並びを整えたいと思っておられる方で、正面から見た歯並びや噛み合わせだけでなく、「口元や横顔のライン」をバランスよく整えたいと考えている方は多くおられます。

横顔の美しさの基準となるのが「Eライン」です。裏側矯正でEラインをきれいに整えることが出来るかどうかご説明します。

Eラインとは?

Eラインの説明図

Eライン(イー・ライン)とはエステティック・ライン(Esthetic line)のことをいい、

1954 年にアメリカの矯正歯科医Dr.ロバート・リケッツ(Robert Murray Ricketts)によって定義された「美しく調和のとれた横顔の基準」の概念です。

横顔を見た見た場合に、鼻の先と顎の先を結んだ線のことをいいます。

理想的なEライン(イー・ライン)とは?

Eラインを提唱したDr.ロバート・リケッツによると、欧米人の場合のEラインの基準は、「上下の口唇がイー・ライン(Eライン)に触れずに、少し後ろに位置する」といわれています。

しかしこの基準は、モンゴロイドに分類される日本人にはそのまま当てはまらず、日本人の骨格に合ったEラインというものが存在します。

日本人にとってのEラインとは?

Eライン-欧米人と日本人の横顔

日本人はモンゴロイドに分類され、欧米人とは骨格の特徴が違います。日本人は一般的に欧米人よりも鼻が低く、平面的で、顎も欧米人ほど尖っていません。

そのため、Dr.リケッツが定義した「好ましい側貌・口元のバランス」の基準とは少し違います。

日本人の場合は、Eライン上に上下の口唇の先端が接しているか、やや内側にある状態が美しいとされています。

Eラインが乱れる不正咬合とは?

Eライン上に鼻先、唇の先端、顎先が乗らない不正咬合は、以下のようなものです。

出っ歯

出っ歯(上顎前突)の方は、横顔を見るとEラインよりも上の唇の先端が突き出た感じになります。

受け口

出っ歯の方とは逆に、受け口(下顎前突)の方は、横顔を見ると下の唇の先端が突き出た感じになります。

上下共に出ている上下顎前突

上下顎前突は口ゴボとも呼ばれ、上下の歯が共にeラインよりも前に突き出ている状態です。

下顎が小さく引っ込んでいる

下顎が引っ込みすぎている場合も、Eラインが崩れます。

裏側矯正でEラインを作れる?

裏側矯正は出っ歯を引っ込めるのに適した矯正治療方法です。そのため、出っ歯、受け口、上下共に前に出ている口ゴボの方の治療には向いています。

前突が大きい場合は、小臼歯と呼ばれる前から4番目の歯を上下左右の合計4本抜歯して、そのスペースを使って、前突している歯を後ろに下げていきます。

裏側矯正で治らないケースとは?

出っ歯、受け口、口ゴボの中でも、裏側矯正ではEラインが整わない場合があります。それは、骨格性の出っ歯や受け口、口ゴボです。

骨格が前に出ている状態で矯正装置による治療をしても、歯列はきれいになっても、口元の突出感は治りません。この場合に横顔をきれいにするには、セットバック手術などの、骨格にアプローチする外科手術が必要になります。

また、下顎が引っ込みすぎている方も、矯正装置を付けただけでは横顔のラインは治りませんので、横顔のラインを整えるには、外科手術が必要になります。

【動画】矯正でEラインはキレイになるか?

まとめ

女性の横顔

以上のように、歯列矯正だけでEラインを整えるには限界がありますので、患者さんの不正咬合の状態を拝見し、矯正治療でどの位まで改善可能かどうか診断します。

横顔が完璧にEライン上にくるようにするには、外科手術が必要な場合もあります。セットバックなどの外科手術はカトレア歯科・美容クリニックにて行っておりますので、外科手術も視野に入れておられる方は、ぜひご相談ください。