なぜ子供のときに治療することが必要なの?

なぜ矯正が必要なの?−子供の矯正−
なぜ子供のうちに矯正することが重要なのか?

歯列矯正は大人になってからでもできますが、成長途中である子供のうちから行うことでより良い効果が得やすくなります。なぜ早いうちから矯正することが重要なのかご説明します。

最適な時期を見逃さないよう早い時期の健診が大切です

お子さんによって治療を始める時期は異なりますが、まず重要なのは早い時期に検診を受けることです。小さなころから受診していただくことでお口の中の状態や成長の具合の経過を観察し、最適な治療時期や治療方法をご提案することができます。

子供なら成長を活かした治療ができます

成長期のお子さんは成長途中ですので、あごの成長を活かして治療を行うことができ効果的です。大人になるとあごの成長は終わってしまっているので、あごを広げて歯列矯正を行うことはできなくなってしまいます。早期に治療を行うと歯を抜かずに矯正出来る可能性が高くなります。

小児矯正はお子さんの体の健康・心の健康を守ってあげることにもつながります

歯並びやかみ合わせが悪いままだと正しい成長を妨げてしまい、大人になってからも虫歯や歯周病、顎関節などの影響がでてきます。

子供の頃に歯並びを治してあげることで歯のお手入れもしやすくなります。虫歯や歯周病のリスクが減り、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。

歯並びの悪さをお友達からからかわれて悩んでしまったりして、見た目へのコンプレックスになってしまうこともあります。大人になって矯正治療を希望される患者さんの中には「子供のころからずっと悩んでいて、小さいころに治療できればよかった。」おっしゃる方も多くいらっしゃいます。

子供の頃から矯正治療を始めることは体の健康とともに心の健康を守ることにつながり、お子さんの人生にとって大きなメリットがあります。歯並びのことで悩むことなく、自信を持って明るく未来に進んでいけることはお子さんにとって財産となると思います。

お子さんの歯並びのお悩みなど、無料電話相談へご相談ください。初診カウンセリングも無料で行っております。

Call:0120-505-589

子供の矯正
費用・方法 無料Web診断

小児矯正について、無料でWeb診断、ご相談が出来ます。

総院長の松本正洋が小児矯正の治療費・治療方法・治療期間をお答えさせていただきます。

当てはまる項目にチェック、質問や名前を入力して送信してください。

今まで10000人以上の矯正治療を行ってきた、矯正認定医の松本正洋が、子供さんの矯正のあらゆる質問・不安に、誠実にお答えさせていただきます。

年齢

  • 0〜3才
  • 4才
  • 5才
  • 6才
  • 7才
  • 8才
  • 9才
  • 10才
  • 11才
  • 12才
  • 13才
  • 14才
  • 15才以上
 

どのタイプですか?チェックしてください


上の前歯が出ている(上顎前突)

下の前歯が出ている(受け口)

歯ががたがたしている(八重歯)

上と下の前歯が咬み合っていない(開咬)

気になる事があればチェックしてください

  • 抜歯する必要はあるか?
  • 痛みはあるか?
  • 治療期間はどのくらいか?
  • 引っ越した場合どうなるか?
  • 分割払いは何回まで可能?
  • 料金は最終的にいくらになる?

装置を装着することの影響について

  • 見た目が気になる
  • 食事がしにくくならないか心配
  • 虫歯にならないか心配
その他歯列矯正に関するあらゆるご質問に誠実にお答えします。
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。
なお、入力いただいた個人情報は、ご返答以外の目的で利用いたしませんのでご安心ください。
ご質問内容

どんな小さなことでも念の為、お気軽にご相談ください。きっといいアドバイスができます。
ここにお書きくださいね。↓
お名前
[全角](名字だけでも可)
Eメールアドレス [半角英数]
電話番号 [携帯電話可]
下記は、メール相談の方は必要ありません
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • まつもと歯科(吹田本院)
  • クローバー歯科クリニック豊中本町院
  • クローバー歯科クリニック豊中駅前院
  • なんばクローバー歯科
  • 梅田クローバー歯科クリニック
  • 三宮クローバー歯科クリニック
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
第1希望

第2希望

※【メールアドレスについて】携帯電話のメールアドレスをご入力された方の一部に当院からのメールが届かないという現象が発生しております。なるべくPC用のメールアドレスをご使用いただきますよう、よろしくお願いします。

フォームが動作しない場合は、メールで内容をお送りください。

ご相談のみでしたらFAXもご利用いただけます。
FAX専用のご相談用紙はこちらからダウンロードできます。FAX番号は06−6878−4501です。お気軽にどうぞ。
ただし、メール・FAXの場合、ご質問の内容によっては、お答えできない場合もございますので、ご了承ください。

−このフォームは著作権で保護されていますので、無断転載を厳禁します。−

>>個人情報保護方針

Call:0120-505-589

初診のご予約はこちら
無料初診カウンセリングのご予約はお電話かネットから

▲PAGETOP