マウスピース矯正で治らない歯並びってあるの?

マウスピース矯正で治らない歯並びってあるの?

マウスピース矯正で治らないケースについてご説明します。患者さんの顎や歯の状態に原因がある場合と、患者さんのマウスピースの使い方に原因がある場合があります。

マウスピース矯正が向いていない・治らないケース

レントゲン写真

マウスピースでの矯正は他人から見えにくいため、とても人気があります。しかしマウスピース矯正が出来ない、またはマウスピースでは治らない患者さんがおられます。

一番多いのが、顎の骨に問題があり、歯並びだけを治してもEラインがきれいにならないというケースです。上顎の歯茎が大きく前に出ているタイプの出っ歯の方や、下顎の骨が大きく前に出ている受け口の方がこれにあてはまります。

また、マウスピース矯正のインビザラインでは1枚のマウスピースで歯を動かす距離が0.25ミリとなっています。抜歯を伴う矯正治療で、歯を大きく動かさなければならない場合は、それだけマウスピースの数が必要で、矯正治療期間が長くかかります。その場合はワイヤー矯正で動かした方が早く歯が動き、治療期間も短く済むということになります。

骨格から治さないとEラインがきれいにならない患者さんのために、当院では輪郭整形(セットバック)などの外科矯正を行っています。

マウスピース矯正を断念して途中でワイヤー矯正に変更するケース

ワイヤー矯正

マウスピース矯正のインビザラインでは、治療前にクリンチェックという治療計画の画面で、歯の動かし方を細かくシミュレーションすることが出来ます。治療のゴールがどのような歯列になるのかを決定することで、治療開始からゴールに至るまでのマウスピースをAIが設定していきます。

シミュレーション上では歯が動くはずなのに、実際に治療に入ってみれば、動きにくい歯が出てくるというのは、よくあることです。その場合、実際の歯とマウスピースが合わなくなってしまいますので、再度歯型データを取ってクリンチェックをやり直すことになります。

そんな時に、ワイヤー矯正の方が確実に歯を動かせる場合もあります。担当の矯正医がワイヤー矯正での経験が豊富な歯科医師である場合、途中でワイヤー矯正に変更ということもあり得ないことではありません。

マウスピースがどうしても20~22時間つけられなかったケース

時計

インビザラインでは1日に20~22時間のマウスピースの装着が必要です。食事と歯磨き以外はずっとマウスピースを装着しているというイメージです。(マウスピース矯正のシステムによって、装着推奨時間は異なります)

しかし、装着時間が足りない患者さんが時折おられます。マウスピースの装着時間を守っていただけないと、治療計画通りに歯が動きませんので、いつまでたっても歯が動かず、新しいマウスピースに交換できないということが起こってしまいます。

計画通りに歯が動かず、治療期間が延びるだけでなく、途中でマウスピースが歯にはまらなくなってしまう可能性もあります。決められた時間マウスピースを装着できないというのは、インビザラインでの矯正が根本的に進まないということになります。

マウスピースを何度もなくす、置き忘れるケース

インビザライン・アライナー

インビザラインでのマウスピース矯正では、食事の時と歯磨きの時には、マウスピースを外します。この時に、マウスピースをどこに置いたのかわからなくなってしまって、なくしてしまう患者さんがおられます。

マウスピースを外した時に、ポイっとどこかに置いて、そのままマウスピースが不明になってしまうようです。学校で外した時に失くしてしまう患者さんもおられます。

マウスピースを失くした時は、一個前のマウスピースに戻るか、一個先のマウスピースに進むかのどちらかになります。しかしどちらも歯にはまらない可能性がありますので、その場合はマウスピースを作り直すことになります。

インビザラインの場合はアメリカから空輸されますので、患者さんのお手元に届くまでに2週間程度かかる可能性があります。特定の番号のアライナー(マウスピース)だけですと、もう少し早く届くかもしれません。

しかしその間、患者さんがマウスピースを全く付けられない状態にあるとしたら、更に歯が動いてしまうかもしれませんので、その後の治療に支障をきたす可能性は拭えません。

まとめ

マウスピース矯正で治らないケースについて、患者さんの顎や歯の状態に原因があり、歯を動かしただけでは横顔のラインが改善しない場合と、患者さんのマウスピースの使い方に原因がある場合についてご説明しました。

患者さんの骨格が理由の場合は、治療計画を立てる際にある程度予想がつくのですが、患者さんがマウスピースを適切に使えない場合は、治療を始めてしまってから問題が発覚することになります。

後者の場合は、患者さんご自身でマウスピースをきちんと装着、保管できるように努力して頂く必要があります。