マスクで口を隠す今が矯正の始め時?

マスクで口を隠す今が矯正の始め時?

新型コロナウィルスの猛威により、マスクで口と鼻を隠す生活が日常になりつつあります。そのような今だからこそ、歯科矯正の治療を開始される方もいらっしゃいます。マスクで口元が隠れるので、矯正装置が目立たないというのがその理由です。

確かにマスクをつける生活が今後も長く続くのなら、どのような矯正装置をつけるにしても、マスクで口元を覆って隠すことが出来ますね。そのような事情を踏まえて、コロナ禍での矯正治療についてお話させていただきます。

マスクが必要な今だから矯正に向く?

コロナ禍の現在、外出時のマスクは必須アイテムです。小さなお子さんでも公園で遊ぶ際にマスクをして遊んでいる姿を見かけます。学生の方は授業や塾や習い事、大人の方でも勤務先のミーティングや商談の際には必ずマスクをつけておられると思います。最近ではオンライン授業やリモートワークも進み、以前と比べると人に接する機会が少ないのではないでしょうか。

不正咬合(出っ歯・叢生・受け口・開咬・過蓋咬合・ガミースマイルなど)による歯並びを気にされている方にとって、コロナ禍の今は歯列矯正を相談したり、治療を開始しやすい時期といえます。現在、食事や歯磨きなどを除き、自宅の外ではマスクをしなければならない生活です。「笑った時に『矯正している』と周囲の人に見られるのが嫌」という方でも、現在は口元をマスクで隠す為、治療を始めることへの心理的な抵抗は少ない時期ではないでしょうか。

ワイヤー矯正中

また、人に歯を見せて笑う機会が少ない為、ブラケットによるワイヤー治療を行っていても、気づかれません。ワイヤー矯正は、インビザラインなどのマウスピース矯正やインコグニトなどの舌側矯正より、費用が安い事がメリットです。ワイヤーの付いた歯を見せる相手も、家族等の限られた相手か、カウンセリングや検査、調整などの診療の際の歯科医師やスタッフのみという事になります。

コロナ収束後もマスクをする?

コロナの問題が収束した後も感染症予防としてマスクを着用しようと思いますか?

コロナの問題が収束したあとのマスク着用についてのアンケート調査では、今後もマスクを着用しようと思うと答えた方が63.4%もおられました。

今後もマスクを使用する方が多いなら、2~3年程度かかる全顎矯正中にマスクをしていても目立たず、周囲の人の目を気にせずに治療が続けられそうです。

矯正治療3つの方法

歯科医院ではどのような矯正治療を取り入れているのでしょうか。矯正治療は自由診療の為、取り扱っている矯正装置や治療方法はクリニックにより様々です。治し方を3つに分けてご説明しますね。

見せる矯正

矯正したらお口を見せたくないという方が多くおられます。しかし海外では矯正治療を受けることは社会的なステータスの証とみられているため、矯正装置が目立つことは寧ろ誇らしいと感じるそうです。なるべく矯正治療中であることを出来る限り隠したい日本とは、文化の違いがあります。

「見せる矯正」として代表的なものはメタルブラケットです。特徴としては、結紮タイプの治療法でワイヤーが金属の為、金属アレルギーの患者様には行う事ができません。

そのため、担当医がアレルギーの有無や、ワイヤー矯正に向いている症例かどうかをしっかり確認した上で、金属のブラケットを歯の表側に装着します。ブラケットにワイヤーを通して、歯の動きをコントロールしていく治療法です。更に、ブラケットにカラーゴム(専門的にはモジュールと呼びます)を付けて、カラフルな見た目を楽しむ方もおられます。

隠す矯正

「マスクを外した時、矯正している口元が目立つのは嫌」という方の場合は、隠す矯正を選択することをおすすめします。周囲の人から矯正治療中であることを知られたくない方は、裏側矯正(舌側矯正)と呼ばれる方法がベストといえます。これは、歯の裏側、つまり舌側にブラケットを装着し、そのブラケットにワイヤーを通すものです。

メリットは、歯の表側からは全く見えないという点です。ただ、デメリットは、舌と歯の間に装置があるため、発音に違和感を持つ事がある点や、口腔内が狭くなるために舌に違和感を感じること、そして歯の表側にワイヤーとブラケットをつける場合に比べて料金が高いという点です。

見えにくい矯正

見えにくい矯正として挙げられるのは、ホワイトワイヤーによる審美矯正や、マウスピースによるインビザライン矯正です。まず、審美矯正は、ワイヤーやブラケットを歯の色に近い白さのものを使用し、遠くの方からは矯正装置が見えにくいのがメリットです。デメリットとしては、表側から行う銀色のワイヤー矯正より費用が高くなる点、近くに寄れば矯正を行っているとわかってしまう点でしょうか。

もう一つ、見えにくい矯正として、今、利用が増えているのがインビザライン矯正です。ご自身で取り外しが可能な透明のマウスピース(専門的にはアライナーと呼びます)を歯に装着して、歯を動かしていく矯正方法です。来院した際に、担当医がチェックを行い、2週間毎に新たなマウスピースを装着していくというものです。

メリットは、ワイヤーによる矯正と違い、透明なので見えにくいという点、そして装置の取り外しが気軽にできるため食事を楽しめるという点です。デメリットを挙げるならば、矯正歯科医の指示通りの装着時間を守らなければ、治療期間が延びてしまうという点です。

まとめ

いずれの治療法においても、現在のコロナ禍の下では外出する時にはお口をマスクで隠しているため、矯正治療を考えておられる方には、矯正装置が目立つことを心配しなくてよいので、矯正治療を始めやすいと言えます。

不正咬合を放置していると、噛み合わせが悪いため顎関節に痛みが出るケースや、歯のデコボコによって歯磨きが不十分になって口腔内を衛生的に保てず、その結果虫歯や歯周病になってしまって遂には抜歯を選択しなければいけなくなるケースもあります。歯や歯茎を健康に保つためにも、マスク生活の今、クリニックで矯正治療を行う事は悪くないと思います。

感染症対策以外に、マスクが役立つ機会と言える今。綺麗な歯並びにし、咀嚼機能の改善や、お口の悩みの解決を試みてみませんか。