【動画】出っ歯の治療方法 骨格が原因で中度の場合の治し方

出っ歯の治療方法 骨格が原因で中度の場合の治し方

骨格が原因で出っ歯になっている方の治療法についてご説明したいと思います。

骨格が出ている程度によって「軽度」「中度」「重度」に分かれる

出っ歯は軽度中度重度にわかれます

骨格が原因の場合には、骨格が出ている程度が「軽度」「中度」「重度」の三つに分かれます。

出っ歯といっても上顎の骨格が少しだけ出ている場合は「軽度」になります。
骨格がまあまあ出ている場合は「中度」。
かなり出ている場合は「重度」ということになります。

骨格が出ている程度によって、治し方は全く違います。

骨格が出ている程度が軽度の方の場合

軽度の出っ歯は治し方も簡単です

骨格自体が前に出ていても、程度は軽度なのでそれほど出ていません。歯自体の角度を少し変えたり、歯自体を綺麗に並べます。歯を少し引っ込めるだけで十分治ります。軽度の方は治し方が簡単です。

骨格が出ている程度が中度の方の場合

中程度の出っ歯の治し方

中度の方の治し方としては、上顎の前歯を引っ込めなければいけません。そうすると、上下の噛み合わせが治ります。

では、具体的にどう治すかというと、中度の方の場合は、残念ながら抜歯することになります。歯を抜いて治さないと仕方がありません。

前歯の骨格の3番から3番は、前歯6本全体が出っ歯になっていますので、骨格と前歯共に後ろに下げなければなりません。

どうやって後ろに下げるかというと、4番と呼ばれる歯を抜歯します。歯を抜くと、左右に各歯1本分のスペースができます。

そのスペースを利用して前歯全体を後ろに下げて行けば、綺麗な歯列になります。骨格が出ている程度が中度の方の場合でしたら、出っ歯はこのやり方で綺麗に治ります。

骨格が出ている程度が重度の方の場合

出っ歯の方の治療法

ところが骨格が出ている程度が重度の方の場合は、これだけでは不十分です。なぜ、不十分なのでしょうか。

後ろに下げる量が多いという問題もありますが、重度の方の治療法については、また、次の動画でご説明したいと思います。