マウスピースが痛い時のおすすめな食事教えて!

マウスピースが痛い時のおすすめな食事教えて!

マウスピースが痛い時、お食事を摂るのが嫌になってしまいますよね。せっかくのお食事なのに、噛んで「痛い…」とはなりたくないものです。では、マウスピース矯正時に、どのような食事に注意して噛めばいいのか、具体的にご案内いたしますね。

マウスピース矯正中の食事で気を付けること

マウスピース型矯正では、食事の時と歯みがきの時にはマウスピースを外します。
それ以外の時間はずっとマウスピースをつけ続けなければいけませんので、マウスピースを外して解放感を感じながらいつも通りの食事を楽しめる時間は貴重です。

しかし、実は食事の時には「マウスピースを外しても良い」というよりは、「マウスピースをつけたままで食事をしてはいけない」というのが正解です。食事中にマウスピースを外さなければならないことに対して、不思議に思われるかもしれません。その理由は以下の通りです。

マウスピースをしたまま食事をしてはいけない理由

1.虫歯や歯周病になりやすい

虫歯の悩み

マウスピースは歯や歯茎と密着しているため、マウスピースの隙間から食べかすなどが入ると、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。
飴やチョコレートなど、糖分の入ったものもマウスピースの中に入ってしまうと虫歯・歯周病の原因になります。

2.マウスピースが壊れる

インビザライン アライナー

マウスピースをつけたままで硬いものを噛むと、マウスピースが壊れる原因になります。
ガムを噛むことも、1の虫歯や歯周病の原因になるだけでなく、マウスピースを傷めることがありますので、ガムを噛みたい場合は、マウスピースを外してキシリトール入りのガムを噛むようにしましょう。

3.飲み物にも注意

食事中の女性

色の濃い飲み物はマウスピースを着色します。せっかく透明に近いマウスピースで、つけていても他人からは気づかれにくい状態なのに、マウスピースがうっすらと茶色っぽくなってしまうと、歯が汚れているように見えてしまいます。

お茶や無糖のコーヒー、紅茶は虫歯の原因にはならないのですが、マウスピースを着色してしまいますので、マウスピースを外した状態で飲んでいただき、その後は出来るだけ軽く歯磨きをしてから再度マウスピースをつけましょう。

マウスピースを洗っても、マウスピースに汚れが付着して取れていない状態では、口臭の原因になりますので、注意が必要です。水であればマウスピースをつけたままで飲んでも大丈夫です。

このように、マウスピース矯正中は間食がしにくい状態になります。水を飲む以外の飲食に対しては、食べたり飲んだりする前に必ずマウスピースを外して、飲食が終わってから歯磨きをして、マウスピースも軽く洗ってから再び装着しましょう。

おすすめする食事はどんなもの?

それでは、逆に食事しやすいものとは何でしょうか。
食べやすいもの=ある程度固形ではなく水分の多い食事と考えると、色々なケースが浮かぶのではと思います。

やわらかい食べ物

リゾット

マウスピースを外しても歯が痛い時には、やわらかい食べ物が噛む時の歯への刺激が少ないためおすすめです。固形の場合でも柔らかくて噛みやすいものでしたら痛みも感じず、おすすめです。

・リゾット
・ひき肉を使った料理
・野菜の煮物
・バナナ、イチゴなどのフルーツ

舌でつぶして食べられる物

オムレツ

歯をしっかり動かすためには、身体を作るたんぱく質を多く摂ることを心がけましょう。卵料理、豆腐料理、牛乳やバターでこってり仕上げたものを取り入れてくださいね。

・オムレツ
・グラタン
・豆腐料理

流動食に近い食べ物

おかゆ

それを食べる事すらつらい痛みの際は、水分が多く食べやすいものがおすすめです。痛みは新しいマウスピースに替えた時に起こりやすく、ずっと続くものではありませんので、何とか食べれるものを探して頑張りましょう。

・おかゆ
・ポタージュスープ

おやつ系、ドリンク系に頼る

プリン

食事が喉を通らない時は、とにかくカロリーのあるものを口にしましょう。

・プリン
・ゼリー
・野菜や果物のスムージー

お菓子は間食してもいい?

チョコレートとクッキー

いつもの習慣でクッキーやチョコレートを食べる時は、必ずマウスピースを外して、食べたあとはしっかり歯磨きをしましょう。クッキーやチョコを食べると虫歯や歯周病のリスクが高い環境になりますので、食べたあと歯みがきせずにマウスピースを再びはめるのは出来る限り避けて下さい。糖分が多く含まれる甘いお菓子は、虫歯や歯周病の予防のためにも控えるほうが無難です。

キシリトール入りのガムを噛む場合も、マウスピースを外して、ガムがアタッチメントにくっつかないように気をつけて噛んでくださいね。

インビザラインで飴などの間食ってどう?あと、洗い方ってあるの?
インビザラインは透明のマウスピース型の矯正装置です。「取...

マウスピース矯正中の食事のQ&A?

マウスピース矯正の治療中、食事の制限はありますか?

矯正用のマウスピースは食事をする前に取り外して頂きます。
マウスピースはポリウレタン製の柔らかい素材ですので、装置をつけたままで食事をすると、変形したり割れたりします。
また、ワインやコーラなどの色の濃い飲料はマウスピースを着色することがありますのでご注意ください。

食事中はマウスピースを外してもいいですか?

お食事中、歯磨き、お水以外の飲み物を飲まれるときはマウスピースを外して良く噛んで召し上がってください。
噛むことで口腔内の血流が良くなり、歯が動きやすくなります。

まとめ

食べ物

いかがでしたか。
マウスピース矯正を頑張っておられる方の痛みが緩和するように、少しでも参考になればと思います。ただ、綺麗な歯並びにはしたいけど、痛みが気になると二の足を踏む方もいらっしゃると思います。

そんな方の不安を解消するために、無料カウンセリングはございます。マウスピース矯正治療について、もっと詳しく知りたい方は、一度ご来院くださいね。