八重歯や出っ歯は部分矯正で治る?

八重歯や出っ歯は部分矯正で治る?

部分的に気になる部分の歯並びを治すのが部分矯正です。主に前歯8本の歯並びが対象になりますが、八重歯や出っ歯は部分矯正で治るのかご説明します。

部分矯正とは?

部分矯正は気になる前歯8本のガタガタや出っ歯を解消してきれいに並べるための部分的な歯列矯正です。奥歯だけの部分矯正もありますが、主に前歯の歯列を整えるために行われます。

歯の重なりを解消して歯をきれいに並べるためには、歯を動かすためのスペースが必要です。

全顎矯正では、小臼歯を抜歯してスペースを作るのが一般的な方法ですが、部分矯正でスペースを作るやり方としては、前歯の両側を削って隙間を作るスライス(ディスキング、IPR)という方法で行います。

その場合、前歯に3ミリ以上のスペースが必要な八重歯やガタガタは部分矯正では治らないということになります。

部分矯正のメリットとデメリット

部分矯正にはどのようなメリットとデメリットがあるのかご説明します。

部分矯正のメリット

  • 治療期間が短い
  • 治療費が安い
  • 歯を大きく動かさないので手軽に治療出来る

部分矯正のデメリット

  • 歯を大きく動かす複雑な症例は適用外
  • 噛み合わせは治せない

部分矯正で治療できる不正咬合

  • すきっ歯
  • 軽度のガタガタ
  • 軽度の出っ歯
  • 軽度の八重歯

部分矯正で治せるのは、ごく軽度の不正咬合のみです。
歯を大きく動かさなければならない重度の不正咬合の場合は、全顎矯正となります。

八重歯は部分矯正で治る?

八重歯は主に4番の歯が歯列から歯が飛び出た状態のことをいいます。八重歯の方は、飛び出ている1本だけを治療すれば八重歯が治ると思っておられるかもしれませんが、八重歯の場合は部分矯正では治らないケースが多くあります。

前述したように、3ミリ以上のスペースが必要な八重歯は部分矯正では治りませんので、抜歯をして全顎矯正で治すことになります。

出っ歯は部分矯正で治る?

出っ歯が部分矯正で治るかどうかは、出っ歯の程度によります。出っ歯の具合がひどかったり、重度のガタガタの場合は部分矯正では歯を動かすスペースが足りないために治すことが出来ません。

大きく歯を動かす必要がある場合は、全顎矯正となります。また、受け口や奥歯の噛み合わせの治療が必要な方も、全ての歯を動かさなければならないため、部分矯正では治りません。

また、上顎の骨格が大きく前に出ていることによって出っ歯になっている場合は、歯の矯正だけをしても口元が前に出ている状態を改善することは出来ません。骨格性の出っ歯の場合は、外科矯正が必要になります。

部分矯正の治療方法

部分矯正に使われる4つの治療方法についてご説明します。

マウスピース矯正

インビザライン

マウスピース矯正では、まずiTeroという装置で歯列を光学スキャンし、歯型のデータを作成します。そのデータを元に歯をどのように動かしてきれいな歯列にするかの治療計画をソフト上で作成し、徐々に歯列が整って行くように順番に歯列が変化したマウスピースを製作します。

実際にマウスピースを歯に装着して頂くのは1日22時間以上です。食事と歯磨きの時はマウスピースを外すことが出来ます。

きちんと装着時間を守れるかどうかで、治療計画通りに治療が進むかどうかが決まります。当院ではインビザラインという名前のマウスピースを使用します。

https://www.osaka-kyousei.com/kyousei14.html

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

歯にワイヤーとブラケットを装着して、ワイヤーで引っ張って歯を動かし、歯並びをきれいにしていきます。

大きく歯を動かすケースに適しているので、抜歯矯正に向いています。マウスピース矯正では難しい複雑な不正咬合の治療にも使われます。

ワイヤー矯正はワイヤーとブラケットが目立つのがデメリットでしたが、当院ではセラミックの白いブラケットと、白い樹脂を巻いたホワイトワイヤー(別途料金となります)が使用出来ます。

裏側矯正

裏側矯正 インコグニト

ワイヤーとブラケットを歯の裏側に装着するのが裏側矯正です。より目立たない矯正装置をご希望の方に適しています。当院ではインコグニトという名前の装置を使用しています。

セラミック矯正

歯を動かして歯列を整えるのではなく、前歯を削ってセラミックを被せてきれいな歯列を作ります。セラミックは隣の歯と殆ど同じ色調で作れますので、セラミックを被せた歯と天然の歯は殆ど見分けがつきません。

まとめ

マウスピースと歯型模型

出っ歯や八重歯を部分矯正で治す場合は、軽度の出っ歯や軽度のガタガタの場合のみ、部分矯正で治療が可能です。重度の出っ歯や八重歯の場合は抜歯矯正になるパターンが多く、部分矯正で治療は出来ません。