不安を解消「矯正歯科の治療中は見た目が悪くならない?」

矯正中は見た目が悪くならない?

[最終更新日]2020年1月1日

矯正歯科治療で最も気になるのはやはり見た目のことでしょうか。

一般的なイメージとしては、銀色のブラケットと針金をつけてすごく見た目が悪いと思っておられる方も多いと思います。

透明なマウスピース矯正「インビザライン」

現在注目されている透明な取り外し式のマウスピース型の装置インビザラインがあります。

透明なマウスピースなので矯正していることを気づかれず、自分で取り外しが可能なので、人気が集まっています。

従来、マウスピース型の矯正装置では軽度の不正咬合しか治せなかったのですが、当院には重度の不正咬合もインビザラインで治せる技術がありますので、 見た目を気にされる患者さんの多くがインビザラインを希望されます。

歯の裏側に装置をつける「インコグニート」

マウスピース型の次に人気なのが歯の裏側に装置をつけて矯正する方法です。

当院ではインコグニートを採用しています。歯の裏側につけるため全く見えません。

ホワイトワイヤー矯正

当院では、銀色のメタルブラケットは一切使っていません。歯の色と近い白いセラミックブラケットを使用しています。更に針金(ワイヤー)も、銀色のものと白いものがあります。

ホワイトワイヤーを使えば、見た目はかなりよくなります。いくら白くてもワイヤー自体は見えますが、非常に目立ちにくく上品な感じに見えます。

セラミックをかぶせる方法

矯正装置をつけずに短期間で歯並びをきれいにしたい方には、歯を削ってセラミックをかぶせる方法もあります。

いずれにしても、治療中の見た目の悪さを改善しています。

初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜日 9:00〜20:00

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かネットから

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

▲PAGETOP