矯正治療は痛い?という不安を解消します

矯正治療は痛い?

[最終更新日]2020年3月3日

矯正歯科の治療中の痛みを気にされている方も多いと思います。

痛みの種類としては、
1.歯が動くときの痛み
2.装置がほっぺたの内側にあたる痛み

この2つにつきます。

痛みは矯正歯科の欠点でもあります。全く痛くないということはありませんが、現在ではかなり克服できます。

矯正治療中に歯が動くときは痛い?

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正の場合の歯が動くときの痛みについてご説明しますと、当院では最初に入れるワイヤーは直径が0.25ミリの物を使っております。

このワイヤーは世界最先端のワイヤーでこれより細い矯正歯科用ワイヤーはありません。この細いワイヤーから治療を始めることにより、痛みは激減しました。

また、歯が動く時の痛みは通常3日くらいでひきますのであまり気にされなくても大丈夫です。

マウスピース型のインビザラインの場合は、新しいアライナー(マウスピース)に交換した時に歯に違和感や痛みを感じる場合があります。

インビザライン

これらについては、オーソパルスを使っていただくことでかなり緩和され、歯も動きやすくなります。

オーソパルスは矯正装置とは別料金になりますので、担当医にご相談くださいね。

矯正装置がほっぺたの内側にあたると痛い?

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正で装置がほっぺたにあたる痛みについてご説明します。

当院ではなるべくワイヤーなどがほっぺたにあたらないように気をつけています。

稀に装置がほっぺたに当たることで口内炎のようになってしまう方もおられますが、ワックスといって、柔らかいゴムみたいなものを装置にくっつけることによってもかなり痛みが軽減します。さらに、このタイプの痛みはほとんどの場合、慣れますので心配いりません。

このように、器具の進化によって痛みは従来よりもかなり軽減されていますので、ご安心くださいね。

初診カウンセリング無料

まずは、無料電話相談を

Call:0120-505-589

相談受付時間 月〜土 9:00〜18:00
日・祝・年末年始・夏季休暇期間を除く

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かネットから

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

▲PAGETOP