<ムーシールド>3歳児から始める子供の受け口治療

子供の受け口治療

ムーシールドによる
受け口治療
MUH Shield

当院では乳歯列期(3歳〜4歳位)の受け口(反対咬合)の治療に「ムーシールド」というマウスピース型の装置を使用しています。ムーシールドは3歳・4歳から早期治療することが可能です。

3歳児検診で反対咬合と指摘されて相談される方も増えています。まだ小さいうちから治療ができるのか心配されると思いますが、主に夜就寝時に口の中に入れていただくだけなので小さなお子さんでも使用でき、負担の少ない治療です。詳しくご案内いたしますね。

ムーシールド

ムーシールドの治療期間は1年程度

ムーシールドを装着すると、一般的に数ヶ月〜半年程度で効果が現れ、受け口が改善されますが、後戻りしないようにそのあとも続けて装着していただきます。合計で1年程度使用していただくことが多いです。

受け口3才→10才

ただ、患者様(お子様)が嫌がり装着してもらえない場合は、治療期間が長くなります。治療中は器具の調整もございますので、定期的に通院くださいね。また、反対咬合が改善しても成長期に後戻りしたり、再治療が必要になる可能性がありますので、治療終了後も経過観察の為に中高生になるまでは定期健診にお越しください。

受け口が自然に治ることはほとんどありません

受け口は放っておいて自然に改善されることはほとんどありません。上の歯より下の歯が5〜6本出ている、逆になっている噛み合わせが深い、両親や親せきなど近い血縁関係の人に受け口の人がいるなどの場合は、自然に治る確率の低い症例です。永久歯に生え変わるときに反対咬合が治るケースもないわけではありませんが、非常に少ないです。

そのため、大人になってからの受け口治療は外科手術が必要な場合もありますので、低年齢からの早期治療をおすすめしています。

3歳児からの受け口治療ポスター

発音に影響が出ることも

受け口が原因でサ行やタ行などうまく発音しづらかったり、舌足らずな話し方になったり、食べ物を前歯で噛みにくいなど、さまざまな影響が出ることがあります。また受け口である見た目がコンプレックスになり心理的な作用を与える可能性もあります。

反対咬合のままだと下あごが成長しやすくなってしまう

反対咬合のまま放っておくと下顎が成長しすぎてしまう可能性が高くなりますので、治療開始は早い方がいいという考えからムーシールドという治療方法を採用しています。


症例(ムーシールドを装着し受け口が改善)

治療前は下の歯が上の歯より前に出ていましたが、ムーシールドでの治療後は正常な歯並びになりました。

ムーシールド症例1
治療方法・費用・リスクはこちら

【治療内容】下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態です。
3歳前後のお子さんの受け口治療はムーシールドという装置を夜の間だけお口の中に入れていただきます。
ムーシールドによって舌圧と口唇圧のバランスの改善や、舌を高位(高い位置)に保つことができるようになります。
ムーシールドは歯並びを整えるのではなく、お子さんの顎の成長を利用して上下の歯の咬み合わせを正常にする目的で使用します。

【費用】ムーシールド ¥150,000(税抜)

【リスク】3才から6才くらいの受け口治療では多くの場合ムーシールドで改善するのですが、症例によってはムーシールドでの治療が難しい場合もありますし、上手く行かない場合もあります。

ムーシールド症例2
治療方法・費用・リスクはこちら

【治療内容】治療前は上の前歯1本だけが下の前歯よりも後ろにある状態でしたが、ムーシールドを約2ヶ月間装着することで表に出てきました。

【費用】ムーシールド ¥150,000(税抜)

【リスク】3才から6才くらいの受け口治療では多くの場合ムーシールドで改善するのですが、症例によってはムーシールドでの治療が難しい場合もありますし、上手く行かない場合もあります。

  • 子供受け口ムーシールド症例
  • →
  • 子供受け口ムーシールド症例
治療方法・費用・リスクはこちら

【治療内容】受け口のお子さんです。ムーシールドを装着し歯並びを治しました。

【費用】ムーシールド ¥150,000(税抜)

【リスク】寝ている間、口の中にムーシールドを入れる必要があります。

ムーシールドの仕組み

ムーシールドの仕組み

食べ物やつばを飲み込むときに舌を上あごにつけるのが正常な状態ですが、受け口の方は飲み込むときに舌を正しく上あごに付けることができず、下あごを前に押すために、下あごが大きくなってしまいます。

反対咬合を治すためには口腔の周りの筋肉のバランスを正常にして、舌を正しい位置へ上げる必要があります。

ムーシールドの仕組み

ムーシールドは歯列の矯正というよりも口腔の周りの筋肉のバランスを正常にして、正しい筋機能や、正しい噛み合わせにする装置です。

上唇の力を排除することで上顎の成長を促します。低い位置にある舌を持ち上げて、正しい位置に誘導します。その結果、反対咬合を改善する作用が期待できます。

●早期初期治療 ●被蓋の改善 ●下圧と口唇圧のバランス ●舌を高位に保つ機能

ムーシールドの装着時間

ムーシールドは装着時間が長いほど効果がありますが、昼間にムーシールドを使用することは難しいと思います。

そこで、少なくとも就寝時にお使いいただき、もし可能であれば昼間起きている間に1時間程度使用していただくと効果が増します。

子供の矯正 費用はこちら
  • 電話無料相談・予約はこちら
  • LINEで無料相談
  • ネット初診予約