子供の矯正治療の流れ

子どもの矯正
治療の流れ

子供の矯正治療の流れについてご説明します。

Step1:初診カウンセリング

初診カウンセリング

まず、ご両親やお子さんからいろいろなお話を伺います。お子さんの歯並びで現在どんなことが気になっているのか、矯正治療ついての疑問やご希望をお話しください。

その後、実際にお子さんのお口の中を見せていただき、現在の歯の状態や 顔の骨格について専門医が診断します(必要時のみレントゲン撮影をします)。

ここまでが初診カウンセリングとなります。

初診カウンセリングのご予約はこちらから→

↓

Step2:精密検査

治療計画を立てるには詳しい検査を行って現在の状況や歯並びが悪くなってしまった原因を知ることが必要です。

お子さんのあごの成長や歯の状態を確認するために、お顔や口の中の写真撮影、歯の型などをとります。

↓

Step3:診断結果・治療方針のご説明

治療前の準備

精密検査の資料をもとにして、治療計画をご提案します。治療方法や費用や支払方法についてご説明します。治療に複数の選択肢がある場合は、 それぞれの治療の利点欠点を比較してご説明します。

不安なこと、気がかりなことなどがあれば遠慮なくお尋ねください。

この場で治療を始めるかどうか決めていただく必要はありません。ご提案した治療計画をじっくりとご検討してください。ご納得いただきましたら最終的な治療方針を決定し、治療を開始します。

検査結果を聞いてから治療するかどうかを決められるので安心!

↓

Step4:治療スタート

治療スタート

お子さんの年齢、成長・発育、症状によって、幾つかの治療方法に分かれます。

【混合歯列期】1期治療についてのご説明→

【永久歯列期】2期治療についてのご説明→

↓

Step5:定期的な調整のための通院

定期的な調整

お子さんの年齢や症状によって、3〜4週間に1回程度の通院になります。 装置の調整を行い、あごが十分に拡がったか、永久歯がきれいに生えてきたか等を観察しながら、治療が進んでいきます。

↓

Step6:矯正装置の撤去・保定装置の装着

矯正装置の撤去・保定装置の装着

歯がきれいにに並んだら矯正装置を外します。

その後は後戻りを防ぎ、正しい歯並びを安定させるためにリテーナーという保定装置を入れます。リテーナーは簡単に取り外しが可能です。

保定期間は通常1年以上で、その間の通院は2〜6ヶ月に1度位です。

↓

Step7:メンテナンス

メンテナンス

保定期間が終了した後は、定期的に歯みがきの指導やフッ素の塗布を受けていただきます。健康な歯を長く保つために、定期的に虫歯や歯周病予防のためのメンテナンスをお受け下さい。

▲PAGETOP

子供の矯正 費用はこちら