固定式の急速拡大装置を使った小どもの顎顔面矯正

お子さんの将来を考えた子どもの矯正

固定式の急速拡大装置を使った子どもの矯正

矯正を低年齢から始め、骨格から治す治療法です。

ファミリーの写真

低年齢から始めると、歯並びが悪くなる原因から治すことができます。

歯並びが悪くなる原因の殆どがアゴが小さいことです。そのせいで、永久歯が混み合ってガタガタに生えてきたりします。

低年齢から矯正するとこの大元のアゴが小さいという原因から治すことができます。

普通の矯正は単に歯並びを治すだけですが、固定式の急速拡大装置を使った矯正は、歯並びが悪くなる原因のアゴが小さいということに対して、アゴを大きくして治していきます。

さらに、出っ歯や受け口も成長を利用してキレイに治すことができます。

また、骨格から治すことができるので、歯を抜く確率もかなり下がります。

 そして、アゴが大きくなると鼻の通りがよくなって、口呼吸が鼻呼吸に変わり、それに伴って、鼻炎、鼻づまり、ぜん息、アトピーも改善します。また、呼吸がしやすくなる為、睡眠時無呼吸も良くなります。

その結果、身体全体が健康になります。

当院では、原因から歯並びを治し、子供さんの全身も健康にする急速拡大装置という固定式装置を使った矯正を行っております。
 
急速拡大装置を使った矯正の治療方法

年齢的には6才から12才くらいまでの子供さんが治療の対象になります。個人差はありますが、12才を超えると、従来の普通の矯正治療になってしまう可能性が高いです。

上あごの場合

急速拡大装置

歯科医師

小さいアゴを大きくするために、お口の中に、急速拡大装置と呼ばれる装置を入れます。

この装置を初めて見られたお母さんは、痛そうとか恐そうとか子供がかわいそうとか言われますが、お子さんは殆どの場合、数日で慣れてしまいますのでご安心下さい。

その装置には真ん中にネジが組み込まれていて、それを1日1回まわします。そうすることで、徐々にあごの骨が広がり、本来の正しい大きさになります。

上あごの骨格が小さいために歯が重なっていたので、そのおおもとの原因から治すために骨格を広げる治療をしました。上あごの骨は左右2枚の骨からできており、正中縫合というつなぎ目がありますが、その正中縫合を矯正器具によって広げることにより骨格を大きくして、結果的には上下の歯全部矯正して歯並びを治しました。

正中口蓋縫合

小さいお子さんはまだこのつなぎ目がしっかりとくっついていない為、つなぎ目を広げることができます。広がったつなぎ目には新しい骨ができて、上あごが大きくなります。

そして、上あごが大きくなることによって、永久歯が並ぶためのスペースが出来て歯並びが良くなり、上あごの上にある鼻腔という鼻の空気の通り道が広がって、口呼吸が治るのです。

  • 上あごを広げる前
    上あごを広げる前
  • 上あごを広げた後
    上あごを広げた後
  • 上あごを広げる前
    上あごを広げる前
  • 上あごを広げた後
    上あごを広げた後

【治療内容】骨格を広げる矯正器具により、上あごの正中縫合を広げたレントゲン写真です。

【費用】子ども矯正1期治療(全顎)45万円(税抜)

【リスク】骨格を広げる矯正器具を入れるので、慣れるのに1週間位かかります。その間個人差はありますが少し痛いです。

下あごの場合

拡大装置

下あごは、上あごが大きくなってから広げます。上が大きくならないと下は広げられません。下あごは上あごが大きくなるにつれて、ある程度は自然に大きくなりますが、図のような装置を入れて積極的に拡大します。

まずは、左右の6歳臼歯の間の距離が大きくなるように拡大します。その後、前歯の部分も拡大します。そうすることによって上下のあごがバランス良く広がって噛み合わせも良くなります。

下あごの骨格が小さいために歯が重なって生えていたので、その原因から治すべく下あごに骨格を広げる装置を入れて骨格を大きくしてから歯並びを治しました。下あごだけでなく上あごも同様に広げて、その後上下の歯にワイヤーをつけて全ての歯を治しました。

固定式装置を使った矯正にはたくさんのメリットがあります!
鼻炎、鼻づまり、鼻アレルギーの改善

子供

歯並びが悪いお子さんのほとんどは鼻の通りが悪いです。
固定式装置を使った矯正で上アゴを大きくしてあげると鼻の通りが非常に良くなり、鼻炎、鼻づまり、鼻アレルギーがあるお子さんは高い確率で治ります。

そして、鼻で息をすることができるようになるので、くち呼吸、口臭、いびき、睡眠時無呼吸や寝相の悪さも治り、口内炎にもなりにくくなります。

ぜん息、アトピーが改善

下アゴが後退してる子供さんも多く、下アゴを前に移動してあげることにより、気道が広がり、ぜん息、アトピーもかなり改善します。さらに上下のあごが大きくなりますので、舌が動きやすくなり、滑舌も良くなります。

顔立ち(特に横顔)がキレイになる

横顔

上あごと下あごの前後的な位置が良くなるため、顔立ちがきれいになります。お顔を横から見た時に、横顔のフォルムがすごくきれいになるのです。

姿勢が良くなる

噛み合わせが良くなると全身の姿勢も良くなります。姿勢が良くなると内臓が本来の位置に戻るため、呼吸や消化、循環機能が正しい働きをしてくれます。 そして大人になっても腰痛や肩こりになりにくいというメリットがあります。

歯並びが大人になってから治すよりもキレイになる

固定式装置を使った顎顔面矯正はアゴを広げて大きくし、永久歯が並びきるだけのスペースを作りますので、大人になってから歯並びを治すよりもずっとキレイになります。

当院では、全ての子供さんにとって、
医学的に固定式装置を使った矯正が
最も良い方法だと考えます。
子ども
   


この治療法は、鹿児島大学准教授の黒江和斗先生が30年前に開発され、全国の多くの矯正歯科医師が行ってる歴史のある素晴らしい治療法です。日本では「顎顔面矯正(がくがんめん矯正)」という名前で行っている医院が多いです。

歯科医師イラスト

現在、大阪矯正歯科グループで、この治療ができるのは、
豊中駅前院の松本医師と、
吹田院の山口医師と、
梅田院の久野医師
クローバー歯科・美容クリニック(梅田アネックス)の宮本医師
なんば院と、
心斎橋院の山田医師と、
高槻院です。

治療をご希望される場合は、いずれかの医師をご指名下さい。

 
お子さんにこんな症状はありませんか?

猫背イラスト

1. 歯並びが悪い

2. 寝ているとき、口が開いている

3. いびきをかく

4. いつも、ポーっとして口を開けている

5. 姿勢が悪く、頭が前のめりになったり猫背

6. 寝相が悪い

鼻風邪イラスト

7. 鼻が悪く耳鼻科に通っている

8. 唇が荒れたり切れたりしやすい

9. 風邪を引きやすい

10. 扁桃腺が腫れやすい

11. よく口内炎ができる

12. 落ち着きがない

アトピー

13. 滑舌が悪い

14. アトピーのような肌をしている

15. ぜん息がある

16. アレルギーがひどい

17. おねしょがとれない

これらは上あごの発育が不良な為に引き起こされる症状です。すべてが原因ではありませんが、関係が深いとされています。

歯並びだけでなく、これらの症状も治していくのが固定式装置を使った矯正です。

急速拡大装置を使った矯正によって改善される症状

固定式装置を使った矯正では上顎や下顎の発育不良を改善しバランスを整えることで、体が本来持つ正常な機能の回復や発育へ繋がります。

  • 鼻づまり
  • 舌運動機能
  • ぜんそく
  • 咀嚼機能
  • いびき
  • 正しい姿勢

気道・副鼻腔の変化

【治療内容】あごが小さい子供さんに対して骨格を広げる装置を使って上あごが広がると、それに連動して気道も広がります。気道が広がることにより口呼吸が鼻呼吸に変わり、健康面で大きなメリットがあります。上下の骨格を広げる1期治療を行いました。

【費用】子ども矯正1期治療(全顎)45万円(税抜)

【リスク】装置を入れて1週間は少し痛みがあります。

急速拡大装置の使い方
器具の説明

急速拡大装置

歯科医院で【急速拡大装置】をお口の中に固定します。

装置は上顎に着けるものです(写真では天地逆になっています)。

急速拡大装置

【スクリューキー】をスクリューの真ん中の穴に差し込み、スクリューを回します。

使い方

急速拡大装置

1. 手前の穴にスクリューキーを差し込み、口の奥へおくり込むことでスクリューを回します。

急速拡大装置

2. この位置まで奥へおくり込めたら、次の穴が手前にでてくるので、またスクリューを回します。1回スクリューを回すと約0.2mm拡大します。

▲PAGETOP

子供の矯正 費用はこちら