子供の歯並びのタイプ|がたがた(八重歯・歯が重なっている)

  • TOP
  • 子供の矯正
  • 歯並びのタイプは? がたがた(八重歯・歯が重なっている)
歯がガタガタ(乱ぐい歯・八重歯)
子どもさんのママへ

歯のガタガタは早い時期に治すのが絶対に良いのです。

小児矯正

低年齢から始めると、歯並びが悪くなる原因から治すことができます。

歯並びが悪くなる原因の殆どがお口(あご)が小さいことです。

そのせいで、永久歯が混み合ってガタガタに生えてきたりします。

低年齢から矯正するとこの大元のお口(あご)が小さいという原因から治すことができます。

歯がガタガタ
治療について

●最適治療開始年齢●

小児矯正

6才から始めるのが最適です。ですので7〜8才ですと、直ちに始める必要があります。治療のやり方は少し違いますが9〜11才でもできます。

●ガタガタになる理由●

お子様のお口(あご)が小さくて、歯が生えきれないことが最大の原因です。

●治療法●

治療法としては、小さいお口を大きくして、永久歯が生えるスペースを作ります。このお口を大きくする治療は、8才には始めないとお口が十分に大きくなりにくいです。

ガタガタ歯の治療方法
  • アゴが小さい原因を治す(0期治療)
  •  アゴを大きくする(1期治療)
  • 歯並びを完全にキレイにする(2期治療)
具体的な治療方法
Step1
アゴが小さい
原因を治す

0期治療

プレオルソというマウスピースを日中1時間と寝ている間着けるだけです。

プレオルソを日中1時間・寝ている間に装着

Step2
アゴを大きくする
1期治療

お口(アゴ)を具体的に物理的に大きくします。

最適な治療法は専門医の診断になります。

Step3
歯並びをキレイにする
2期治療(必要時)

小児矯正

アゴを大きくするだけで、歯並びがキレイになり矯正治療が終了することもありますが、よりキレイにしたいとか凄くキレイにしたい場合は2期治療という治療に移行します。

2期治療では、11〜13才で永久歯が生えそろってから、ワイヤーを付けて歯並びを完全にキレイにします。

子供の矯正に関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談
無料メール相談
−歯がガタガタ−

お子さんの歯がガタガタでお悩みの方はお気軽にご相談ください。総院長の松本正洋がお答えします。

当てはまる項目にチェック、質問や名前を入力して送信してください。

年齢

  • 0〜3才
  • 4才
  • 5才
  • 6才
  • 7才
  • 8才
  • 9才
  • 10才
  • 11才
  • 12才
  • 13才
  • 14才
  • 15才以上
 

気になることは何ですか?

  • 料金は最終的にいくらになる?
  • 治療方法について
  • 治療期間はどのくらいか?
  • 抜歯する必要はあるか?
  • 痛みはあるか?
  • 引っ越した場合どうなるか?
  • 分割払いは何回まで可能?

装置を装着することの影響について

  • 見た目が気になる
  • 食事がしにくくならないか心配
  • むし歯にならないか心配

その他ご質問があればお書きください。

お名前
[全角](名字だけでも可)
Eメールアドレス[半角英数]
電話番号 携帯電話可
ご予約希望の方は診療希望日をお選びください。
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • 吹田本院
  • 豊中本町院
  • 豊中駅前院
  • なんば院
  • 梅田院
  • ミント神戸院
  • 神戸マルイ院
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
第1希望

第2希望

HotmailなどのMicrosoft社から取得したアカウント(@hotmail.com @live.jp @outlook.jp @outlook.com など) やガラケー(フィーチャーフォン)をお使いの方は当院からのメールが届かない場合がございます
当院からの連絡がない場合には大変お手数ですが、TEL:0120-505-589 までお問い合わせいただくか、他のメールアドレスにて再度お送りいただきますようお願い申し上げます。

Call:0120-505-589
初診予約
がたがたの歯並びについて

がたがた(八重歯)

がたがたの歯並びは、お子さんの顔の大きさと歯の大きさのバランスが悪いために、歯がきちんと並びきらずにデコボコになって、八重歯が目立ったり、歯が重なっている状態です。「叢生(そうせい)」「乱杭歯(らんぐいば)」ともいいます。

歯ががたがたしていると歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯周病になりやすい歯並びです。

3才を過ぎると永久歯が生えるための準備で少しずつ歯と歯の間にすき間ができてきます。しかし乳歯の時点で隙間がなくきっちりとはえている場合、乳歯よりも大きな永久歯がきれいに並ばず、がたがたになってしまう可能性がありますので早めに矯正歯科へご相談ください。

がたがた(八重歯・歯が重なっている)場合

八重歯の治療例

【治療内容】歯が重なって生えていたため、上下とも抜歯してワイヤー矯正を行いました。八重歯になっていた犬歯が歯を抜いてできたスペースにきちんと納まり、きれいな歯並びになりました。(永久歯が生えそろっていましたので、骨格を広げる子供の矯正の適用にはなりませんでした。)

【費用】ワイヤー矯正(全顎)75万円(税抜)、管理料(1回)3,500円

【リスク】ワイヤーを初めてつけてから1週間は少し痛みがあります。

がたがた(八重歯・叢生・乱杭歯)の歯並びになる原因

大人の前歯の大きさは、子供の前歯の1.5〜2倍あります。
乳歯から永久歯に生え換わる時に前歯にすき間がない場合には、がたがたの歯並びになります。

永久歯が生えてくるスペースがない場合、変な場所から生えてきたり、生えてくるのが遅かったりすることが多いです。

2歳頃から毎日の生活の中でしっかりと噛む習慣をつけることで、 顎の成長が促されます。乳歯は3歳で生え揃いますので、 3歳を過ぎた頃に、前歯にすき間が空いていれば、がたがたになることは少ないです。

がたがた(八重歯・叢生・乱杭歯)場合の治療法

プレートなどの装置によってあごの成長をコントロールします。少しずつあごを拡げて、歯の並ぶスペースを作ります。永久歯列期にワイヤーやブラケットを使用して治療を行うこともあります。

子供の矯正に関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

▲PAGETOP

子供の矯正 費用はこちら