子供の歯並び-上の前歯が出ている場合の矯正治療

出っ歯

出っ歯は子どもさんのうちに治すのが
絶対に良いです。

出っ歯

小児矯正

●最適治療開始年齢●
6才から始めるのが最適です。
ですので7〜8才ですと、直ちに始める必要があります。
治療のやり方は少し違いますが、9〜11才でもできます。

子どもさんのママへ

小児矯正

子どもさんのうちに治せば、原因から治る可能性も十分にありますし、よりキレイに治すことができます。

大きくなってからでも治ることは治りますが、原因を完全には治しきれず、抜歯をしないといけなくなるなど、対症療法になってしまいます。

出っ歯になる原因

1.おしゃぶりや指しゃぶり…

 物理的に前歯を前に押しだしてしまいます。

2.口呼吸(くちこきゅう)などによる上アゴの不正成長…

 口呼吸の子供さんは、常に口が開いていて、ベロが上アゴにひっついていないので、上アゴの成長が遅れ上アゴが狭くなってとんがってしまい、歯の並ぶスペースが無くなり、前歯が飛び出してしまいます。

3.舌癖(ぜつへき)…

 つばを飲む時にベロが前歯を裏から押してしまう癖(くせ)。この癖により、前歯が飛び出してしまう。

4.下アゴ自体が後ろにある

 遺伝等の理由で下アゴ自体が後ろに下がっていたり、小さかったりして相対的に出っ歯になる。

出っ歯の治療方法

  • 出っ歯の原因を治す(0期治療)
  • アゴの横に拡げる(1期治療)
  • 歯並びを完全にキレイにする(2期治療)
具体的な治療方法

Step1
出っ歯の
原因を治す

0期治療

マウスピースを日中1時間と寝ている間つけるだけです。
マウスピースをつけることにより出っ歯を治します。

プレオルソT4K

出っ歯の治療に、マウスピースは非常に有効です。

使用方法

プレオルソを日中1時間・寝ている間に装着

子供用マウスピース矯正の特徴

1. 痛みがほとんどない

子どものイメージ

2. 装着時間が短い

3. 取り外せる

食事の時に装置を外せる

4. 通院の頻度が少ない

子どもへの歯みがき指導のイメージ

5. 後戻り防止の
トレーニング

あいうべ体操

マウスピースで
出っ歯が治る原理

1. おしゃぶりや指しゃぶりをやめられる

マウスピースを使用中は、物理的に指がお口の中に入りませんので指しゃぶりを防げます。

指しゃぶり

2. 口呼吸(くちこきゅう)が鼻呼吸(はなこきゅう)に変わる

口呼吸就寝時はテープを貼ります

マウスピースを装着してお口の周りの筋肉を鍛えると、お口がしまりやすくなり、鼻呼吸を促すことができます。また、ぽかん口もなくなります。

3. 舌癖(ぜつへき)が治る

マウスピースには舌(ベロ)を収納するためのスペースがあり、舌は必ずそこに収納され良い位置に落ち着いていきます。

マウスピース

4. 下アゴ自体が後ろにある

マウスピースは上下一体型になっており、マウスピースを装着すると下アゴは物理的に前方に誘導されます。

  • 出っ歯の治療前
    ▲出っ歯の治療前
  • プレオルソを装着したところ
    ▲プレオルソを装着したところ
    (下アゴが前方に誘導されている)
  • 下アゴが前に出ました
    ▲下アゴが前に出ました

【治療内容】日中1時間と夜寝ている間、プレオルソを装着します。夜は鼻呼吸を促すために口が開かないよう、くちびるに軽くテープを貼ります。出っ歯の状態をプレオルソで改善しました。

【費用】15万円(税抜)

【リスク】規定の時間プレオルソを装着していただかないと治りません。くちびるに軽くテープを貼りますので、皮膚の弱い方は注意が必要です。

Step2
アゴを横に拡げる
1期治療

上アゴを横に拡げたり、成長抑制したり、下アゴを前に誘導します。

最適な治療法は担当医の診断になります。

Step3
歯並びをキレイにする
2期治療(必要時)

小児矯正

アゴを大きくするだけで、歯並びがキレイになり矯正治療が終了することもありますが、よりキレイにしたいとか凄くキレイにしたい場合は2期治療という治療に移行します。

2期治療では、11〜13才で永久歯が生えそろってから、ワイヤーを付けて歯並びを完全にキレイにします。

子ども健康矯正

出っ歯の原因で一番多いのが、上顎(うえあご)の成長が遅れ、歯の並ぶスペースが無くなり、前歯が突び出してしまうことです。
その原因に対して、
固定式の装置で上あごを拡大します。

上あごを拡大すると、上あごは横に拡がり、出っ歯の前歯が後ろに下がります。

急速拡大装置という名前の装置をお口の中に装着します。

完全固定式なので、子供さん自身では外すことができず、確実に大きくなります。

(注意:骨格を大きくしてもお顔は大きくなりませんのでご安心ください)

急速拡大装置
▲上あごの場合(急速拡大装置)
具体的な使い方

急速拡大装置の真ん中のネジを1日1回まわします

そうすることで、徐々にあごの骨が広がり、本来の正しい大きさになります。

上あごの骨は左右2枚の骨からできており、正中縫合というつなぎ目があります。

正中縫合

子供さんは、まだこのつなぎ目がまだしっかりひっついてない為、このつなぎ目を広げることができます。広がったつなぎ目には新しい骨ができて、上あごが大きくなる訳です。

そして、上あごが横に成長することによって、前歯が下がります。

加えてこんないいことも!

上あごの上にある鼻腔という鼻の空気の通り道も広がり、さらに気道も広がるのです。

歯列育形成

出っ歯の原因で一番多いのが、上顎(うえあご)の成長が遅れ、歯の並ぶスペースが無くなり、前歯が突び出してしまうことです。
その原因に対して、
取り外し式の装置で上あごを拡大します。

上あごを拡大すると、上あごは横に拡がり、出っ歯の前歯が後ろに下がります。

プレート(拡大床)という装置で歯列を拡大します

プレートという取り外し式の装置を使います。

プレートについているネジを回して幅を広げることで、あごの横幅が拡がります(横に成長します)。

(注意:あごを大きくしてもお顔は大きくなりませんのでご安心ください)

プレートを夜間などのお家にいる間、1日12時間くらい装着します。

治療期間はおおむね2〜3年で、乳歯から永久歯に正しい位置に生え変わるようにしていく治療方法が歯列育形成です。 永久歯が生えそろうまで(12才前後)フォローします。

また、必要があれば永久歯が生えそろってから短期間ワイヤーを入れると歯並びはより綺麗になります。

プレート

子供の矯正に関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

無料メール相談
−出っ歯−

お子さんの出っ歯でお悩みの方はお気軽にご相談ください。総院長の松本正洋がお答えします。

当てはまる項目にチェック、質問や名前を入力して送信してください。

年齢

  • 0〜3才
  • 4才
  • 5才
  • 6才
  • 7才
  • 8才
  • 9才
  • 10才
  • 11才
  • 12才
  • 13才
  • 14才
  • 15才以上
 

気になることは何ですか?

  • 料金は最終的にいくらになる?
  • 治療方法について
  • 治療期間はどのくらいか?
  • 抜歯する必要はあるか?
  • 痛みはあるか?
  • 引っ越した場合どうなるか?
  • 分割払いは何回まで可能?

装置を装着することの影響について

  • 見た目が気になる
  • 食事がしにくくならないか心配
  • むし歯にならないか心配

その他ご質問があればお書きください。

お名前
[全角](名字だけでも可)
Eメールアドレス[半角英数]
電話番号 携帯電話可
ご予約希望の方は診療希望日をお選びください。
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • 吹田本院
  • 豊中本町院
  • 豊中駅前院
  • なんば院
  • 心斎橋院(9/24開院)
  • 梅田院
  • 神戸マルイ院
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
第1希望

第2希望

HotmailなどのMicrosoft社から取得したアカウント(@hotmail.com @live.jp @outlook.jp @outlook.com など) やガラケー(フィーチャーフォン)をお使いの方は当院からのメールが届かない場合がございます
当院からの連絡がない場合には大変お手数ですが、TEL:0120-505-589 までお問い合わせいただくか、他のメールアドレスにて再度お送りいただきますようお願い申し上げます。

Call:0120-505-589
初診予約
出っ歯について

出っ歯・上顎前突

上の前歯が下の前歯に比べて、前に出ている状態です。「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」ともいいます。

上の歯の傾斜によって起こるものと、上下のあごの位置関係など遺伝的要素によるものに分類できます。

歯が出ていると口が閉じにくかったり、転んだ時やスポーツをしている時などに前歯をぶつけやすいという問題も出てきます。

上の前歯が出ている場合(出っ歯)

出っ歯の治療例

【治療内容】上あごの前歯が出ていたため、抜歯してワイヤー矯正を行いました。歯を抜いてできたスペースに前歯が下がり、きれいな歯並びになりました。(永久歯が生えそろっていましたので、骨格を広げる子供の矯正の適用にはなりませんでした。)

【費用】ワイヤー矯正(全顎)75万円(税抜)、管理料(1回)3,500円

【リスク】ワイヤーを初めてつけてから1週間は少し痛みがあります。

上の前歯が出た歯並び(出っ歯)になる原因

上の前歯が出た歯並びになる主な後天的な原因の例は、多くの場合、赤ちゃんのころの長期間にわたるおしゃぶりや指しゃぶり、または口呼吸を行うことや、 頬杖をつく癖ことなどです。

あごの骨の大きさや位置、歯の大きさなどの遺伝性の要因もあります。下の顎の骨が小さい場合、上の前歯の突出が目立つ状態になります。

指しゃぶり口呼吸頬杖

上の前歯が出ている場合(出っ歯)の治療法

指しゃぶりなどの癖がある場合は悪い癖が治るよう指導し、改善していきましょう。

あごを拡げる治療が必要ですので、プレートなどの装置を使ってあごを拡大し、上下のあごのバランスを整えます。永久歯列期はワイヤー・ブラケットを使用した治療を行います。

開咬の治療についてもご相談ください。

▲PAGETOP

子供の矯正に関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談
子供の矯正 費用はこちら