子供の歯並び-上の前歯が出ている場合の矯正治療

出っ歯

出っ歯は早期治療をおすすめしています

小児矯正

●治療開始年齢●
6才から始めるのが最適です。
7〜8才のお子さんは直ちに治療を始める必要があります。
治療のやり方は少し違いますが、9〜11才でも出っ歯は治ります。

子どもさんのママへ

小児矯正

小児矯正で早期治療を行うと、小さい顎を大きく広げることが出来ますので、歯がきれいに並びます。

大きくなってから治療しようとしても骨の成長が終わってしまうとあごは小さいままなので、歯がきれいに並ぶスペースがありません。そのため抜歯をしないといけなくなるなど、対症療法になってしまいます。

出っ歯になる原因

1.おしゃぶりや指しゃぶり…

 物理的に前歯を前に押しだしてしまいます。

2.口呼吸(くちこきゅう)などによる上アゴの不正成長…

 口呼吸の子供さんは、常に口が開いていて、ベロが上アゴにひっついていないので、上アゴの成長が遅れ上アゴが狭くなってとんがってしまい、歯の並ぶスペースが無くなり、前歯が飛び出してしまいます。

3.舌癖(ぜつへき)…

 つばを飲む時にベロが前歯を裏から押してしまう癖(くせ)。この癖により、前歯が飛び出してしまう。

4.下アゴ自体が後ろにある

 遺伝等の理由で下アゴ自体が後ろに下がっていたり、小さかったりして相対的に出っ歯になる。

出っ歯の治療方法

  • 出っ歯の原因を治す
  • アゴの横に拡げる(1期治療)
  • 歯並びを完全にキレイにする(2期治療)

Step1
出っ歯の
原因を治す

マウスピースを寝ている間と、昼間の1時間つけるだけです

プレオルソT4K

どちらのマウスピースも出っ歯治療に効果があります。

使用方法

プレオルソを日中1時間・寝ている間に装着

子供用マウスピース矯正のメリット

1. 痛くない

子どものイメージ

2. 装けている時間が短い

3. 自分で外せる

食事の時に装置を外せる

4. 通院回数が少ない

子どもへの歯みがき指導のイメージ

5. お口のトレーニングつき

あいうべ体操

Step2
アゴを横に拡げる
1期治療

矯正装置を使ってあごを大きく広げます。

最適な装置は診断によって決まります。

固定式装置を使った矯正

出っ歯の原因で一番多いのが、上あごの成長が遅れて歯の並ぶスペースが無くなり、前歯が突び出してしまうことです。
歯を並べるためのスペースを作るために、
固定式の装置で上あごを大きくします。

上あごを拡大すると、上あごは横に拡がり、出っ歯の前歯が後ろに下がって引っ込みます。

急速拡大装置という名前の装置をお口の中に装着します。

急速拡大装置はお口の中に完全に固定されているので自分では外すことができません。そのため確実にあごが大きくなります。

急速拡大装置
▲上あごの場合(急速拡大装置)
装置の使い方

急速拡大装置の中央部にあるネジを1日1回回すことで装置自体の横幅が広がり、あごが歯をきれいに並べるのに理想的な大きさになります。

上あごが横に成長することによって、前歯が下がります。

取り外し式装置を使った矯正

プレート(拡大床)を使ってあごを大きくします

プレートの中央部分についているネジを回して幅を広げると、あごの横幅も押し広げられます。

プレートを夜寝ている間を利用して、1日12時間〜15時間装着します。

治療期間は2〜3年位で、乳歯から永久歯に生え変わるときに正しい位置に生え変わるようにしていく治療方法です。 永久歯が生えそろうまで(12才前後)フォローします。

永久歯が生えそろってからワイヤー矯正を行うと歯並びはより綺麗になります。

プレート

Step3
歯をきれいに並べる
2期治療

小児矯正

アゴを大きくするだけでも歯はきれいに並びますが、よりきれいにしたい場合は、2期治療という治療に移行します。

2期治療では、11〜13才で永久歯が生えそろった後に、ワイヤー矯正で歯並びを完璧な歯並びにします。

子供の矯正に関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

無料メール相談
−出っ歯−

お子さんの出っ歯でお悩みの方はお気軽にご相談ください。総院長の松本正洋がお答えします。

当てはまる項目にチェック、質問や名前を入力して送信してください。

年齢

  • 0〜3才
  • 4才
  • 5才
  • 6才
  • 7才
  • 8才
  • 9才
  • 10才
  • 11才
  • 12才
  • 13才
  • 14才
  • 15才以上
 

気になることは何ですか?

  • 料金は最終的にいくらになる?
  • 治療方法について
  • 治療期間はどのくらいか?
  • 抜歯する必要はあるか?
  • 痛みはあるか?
  • 引っ越した場合どうなるか?
  • 分割払いは何回まで可能?

装置を装着することの影響について

  • 見た目が気になる
  • 食事がしにくくならないか心配
  • むし歯にならないか心配

その他ご質問があればお書きください。

お名前
[全角](名字だけでも可)
Eメールアドレス[半角英数]
電話番号 携帯電話可
ご予約希望の方は診療希望日をお選びください。
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • 梅田院(大阪駅前第3ビル)
  • 梅田茶屋町院
  • カトレア歯科(梅田イーマ)
  • なんば院
  • 心斎橋院
  • 吹田本院
  • 豊中本町院
  • 豊中駅前院
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
※日曜診療は梅田院(大阪駅前第3ビル)・なんば院のみ
※当フォームから今日・明日の予約はできません。
お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

第1希望

第2希望

HotmailなどのMicrosoft社から取得したアカウント(@hotmail.com @live.jp @outlook.jp @outlook.com など) やガラケー(フィーチャーフォン)をお使いの方は当院からのメールが届かない場合がございます
当院からの連絡がない場合には大変お手数ですが、TEL:0120-505-589 までお問い合わせいただくか、他のメールアドレスにて再度お送りいただきますようお願い申し上げます。

Call:0120-505-589
初診予約
出っ歯について

出っ歯・上顎前突

上の前歯が下の前歯に比べて、前に出ている状態です。「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」ともいいます。

上の歯の傾斜によって起こるものと、上下のあごの位置関係など遺伝的要素によるものに分類できます。

歯が出ていると口が閉じにくかったり、転んだ時やスポーツをしている時などに前歯をぶつけやすいという問題も出てきます。

上の前歯が出た歯並び(出っ歯)になる原因

上の前歯が出た歯並びになる主な後天的な原因の例は、多くの場合、赤ちゃんのころの長期間にわたるおしゃぶりや指しゃぶり、または口呼吸を行うことや、 頬杖をつく癖ことなどです。

あごの骨の大きさや位置、歯の大きさなどの遺伝性の要因もあります。下の顎の骨が小さい場合、上の前歯の突出が目立つ状態になります。

指しゃぶり口呼吸頬杖

上の前歯が出ている場合(出っ歯)の治療法

指しゃぶりなどの癖がある場合は悪い癖が治るよう指導し、改善していきましょう。

あごを拡げる治療が必要ですので、プレートなどの装置を使ってあごを拡大し、上下のあごのバランスを整えます。永久歯列期はワイヤー・ブラケットを使用した治療を行います。

開咬の治療についてもご相談ください。

▲PAGETOP

子供の矯正に関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

Call:0120-505-589
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談
子供の矯正 費用はこちら