なぜ子供のときに治療することが必要なの?

子どもの矯正
なぜ子供のうちに
矯正することが必要なの?

子供

歯列矯正は大人になってからでもできますが、成長途中である子供のうちから行うことでより良い効果が得やすくなります。なぜ早いうちから矯正することが重要なのかご説明します。

最適な時期を見逃さないよう早い時期の健診が大切です

お子さんによって治療を始める時期は異なりますが、まず重要なのは早い時期に検診を受けることです。小さなころから受診していただくことでお口の中の状態や成長の具合の経過を観察し、最適な治療時期や治療方法をご提案することができます。

子供なら成長を活かした治療ができます

成長期のお子さんは成長途中ですので、あごの成長を活かして治療を行うことができ効果的です。大人になるとあごの成長は終わってしまっているので、あごを広げて歯列矯正を行うことはできなくなってしまいます。早期に治療を行うと歯を抜かずに矯正出来る可能性が高くなります。

小児矯正はお子さんの体の健康・心の健康を守ってあげることにもつながります

親子

歯並びやかみ合わせが悪いままだと正しい成長を妨げてしまい、大人になってからも虫歯や歯周病、顎関節などの影響がでてきます。

子供の頃に歯並びを治してあげることで歯のお手入れもしやすくなります。虫歯や歯周病のリスクが減り、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。

歯並びの悪さをお友達からからかわれて悩んでしまったりして、見た目へのコンプレックスになってしまうこともあります。大人になって矯正治療を希望される患者さんの中には「子供のころからずっと悩んでいて、小さいころに治療できればよかった。」おっしゃる方も多くいらっしゃいます。

子供の頃から矯正治療を始めることは体の健康とともに心の健康を守ることにつながり、お子さんの人生にとって大きなメリットがあります。歯並びのことで悩むことなく、自信を持って明るく未来に進んでいけることはお子さんにとって財産となると思います。

 

小さい頃から始めるメリット

成長途中である子供のうちから行うことはより多くのメリットがあります。

あごの成長を利用して治療を行うことができる。

子供

大人はあごの成長が終わっているので、現在のあごの大きさに合わせて歯を並び替えることになりますが、子供の時期にはあごの成長を促したり、抑えたりして理想的な形にあごの成長を導くことができます。

大人の矯正では抜歯が必要になる場合が多くなりますが、子供のうちから成長を生かして矯正を行うと、非抜歯で治療を終えられたり、二期治療を行う場合にも治療期間が短くなったりします。

骨が柔らかいので歯が動きやすい。

子供の骨は柔らかく、7才くらいまではより柔軟性があります。歯が埋まっている骨が柔らかいので歯を動かしやすく、歯が動くときの痛みも少なくなります。

適応能力が高い。

大人に比べて子供は適応能力が高く、矯正装置に早く慣れることができます。また歯・歯ぐき・舌や口の周りの筋肉が治療後の咬み合わせに適応する能力にも優れています。

お子さんの相談に来られたお母さんから「矯正を始めるのは何歳からが一番いいんでしょうか?」というご質問を受けることが多いのですが、お子さんの成長は一人ひとり違うので何歳からということは一概には言えません。

大切なのは最適な時期に治療を始めることです

親子

あごの成長の速度や歯の生えてくる時期は個人差があります。今すぐに治療を始めたほう場合もありますし、少し様子を見て判断したほうがいい場合もあります。

お子さんの成長を見ながら、最適な時期を逃さずに治療を始められるよう、早期の健診をお勧めしています。

 

子供時代に矯正を終えると大人になってから良い影響がある

思春期をむかえる前に歯並びが綺麗になるというのは、大きなメリットがあります。

きれいな歯並びは自信につながります

学生

もしも、お子さんが歯並びにコンプレックスを持っておられたら、それは大人になってからも残ってしまい、性格や行動にも影響を与えてしまいます。

子供時代に歯の矯正を済ませておくと、最も多感で他人の目が気になる高校時代や大学時代にワイヤーなどの装置を入れなくてすみますし、社会人になってからワイヤーなどの装置を付けるよりは、はるかに大きいメリットがあります。

歯並びの良さは健康にもつながります

また、歯並びがいいということは、精神面での良い影響が大きいわけですが、健康面でもメリットがたくさんあります。

歯並びがいいとむし歯や歯周病になりにくくなります。発音もよくなりますし、噛み合わせが良くなることでしっかり噛めますので食事からの栄養の吸収率もよくなります。

子供の時期にしかできない治療があります

もちろん大人になってからでも矯正治療はできますが、子供のうちでないと出来ない矯正治療もあります。

そういった場合は特に、歯並びはきれいに出来ても、骨格が原因で患者さんが理想としている状態にできないこともあります。出っ歯や受け口を治すために外科手術が必要になったり、八重歯の方は歯を抜く確率が上がったりもします。

できるならば、子供のうちに矯正するのがベターと言えます。

▲PAGETOP

子供の矯正 費用はこちら