インビザラインとは|大阪矯正歯科グループ

インビザラインとは

インビザラインとは取り外しができるマウスピース型の矯正装置です。

インビザラインは1999年にアメリカのアライン・テクノロジー社が提供を開始し、現在では日本・アメリカ・ヨーロッパなど世界100か国で使用されています。

インビザラインとワイヤー矯正の違い

一般的なワイヤーとブラケットの矯正装置とは違い、透明なマウスピース(アライナー)を使って歯並びを治します。一定期間ごとに新しい装置に交換して徐々に歯を動かしていきます。

インビザライン・アライナーとは

インビザライン・アライナー

マウスピース型の矯正装置を「アライナー」といいます。このアライナーを歯の全体に装着して歯並びを治していきます。

2週間に1回程度ご自身でアライナーを交換していただき、ゆっくりと歯を動かしていきます。(※アライナーの交換頻度につきましては、治療の進み具合や、PBMヒーリング(治療加速装置)の使用などによって変わりますので、担当医の指示をご確認ください。)

インビザライン・アライナー

袋に入った状態でマウスピースをお渡しします。マウスピース(上下両あご分 計2枚)がジップバッグに入っています。

袋の表面には患者様のお名前や何枚目のマウスピースかわかるように印字してあります。

上の画像の袋の右のあたりに「3 of 30」と書いてありますので、30枚中の3枚目ということがわかります。また、数字の横にある「U」は「上あご」、「L」は「下あご」という意味です。

インビザライン・アライナー

アライナーにも印字があります。上の画像の場合は「L 22」ですので下あごの22枚目ということになります。

インビザラインの装着時間はどのくらい?

インビザライン装着時間

インビザラインのアライナーは1日20時間以上装着していただきます。毎日の装着時間を守っていただくことで治療計画通りに矯正治療が進みます。

インビザラインの最大のメリットは「取り外しができる」ことですが、裏を返せば自己管理が重要ということになります。インビザラインを正しく使用していただくことでスムーズに治療が進みますので、患者さんの協力が不可欠な治療法です。

マウスピース矯正の必需品「アライナーチューイー」

アライナーチューイー

アライナーチューイーとはゴム製の小さな棒で、アライナー装着時に噛みしめてアライナーを密着させるものです。

アライナーは歯にフィットすることで歯がしっかりと動きます。チューイーを噛むことでアライナーが確実にはまり、計画通りに治療が進みます。

1ヶ所20秒を目安に歯列全体に渡って1分間くらい噛み込んでいただき、アライナーと歯のすき間がなくなるように装着します。

マウスピースが取り外しにくい時は?

インビザラインイージーリフト

インビザラインのマウスピースは指や爪を使って取り外すのですが、慣れないうちはなかなか外れないこともあります。

そんな時はイージーリフトという着脱の補助器具を使って取り外してください。イージーリフトはアライナーケースに入るサイズですのでケースに入れて持ち運びできます。

インビザラインメニュー

インビザラインのご相談は無料初診相談をご利用ください。

初診カウンセリング無料

初診予約はこちら 初診カウンセリングは無料です

無料初診のご予約はお電話かネットから

LINEで無料相談

LINEで簡単に無料相談ができます!

無料Web診断・無料メール相談

治療費・方法・治療期間などをお答えします

▲PAGETOP