インビザラインとは|大阪矯正歯科グループ

インビザラインで後悔しないために

歯並びをキレイにして、人前で自身を持ってしゃべりたい、美人男前になりたい、と思って矯正をしても、もし失敗したら何にもならないですよね!

ここでは、インビザライン(マウスピース矯正)で絶対に後悔(失敗)しないための秘訣をお伝えします。

まず、そもそも論として、インビザラインを始める前の方にとっては、後悔(失敗)がどんなものかわからないと思いますのでインビザラインの後悔(失敗)からご説明します。

マウスピース矯正
インビザラインの
後悔(失敗)上位6
(後悔してる方のほとんどが当てはまります)
  • @思ったように歯が動かなかった
  • A歯並びは治ったけど、かみ合わせが悪くなった
  • B歯並びは治ったけど、出っ歯になった
  • C治療が終わった後で、後戻りした
  • Dインビザラインを入れるのがめんどくさくなって
    いつまで経っても終わらなくて嫌になった
  • E外食が多く、外す時間が多いのでなかなか動かず、
    ワイヤー矯正をすれば良かった
これらの
後悔(失敗)をしない為の方法
@思ったように歯が動かなかった

女性

せっかく矯正したのに、ご自身の思ったように治らなかったら意味がないですよね!

費用も時間もかけたのに、本当に残念なことになります。

原因と対処法をご説明します。

原因1

歯科医師の技術力がいまいちだった。

対処法

絶対に実績のある歯科医院を選ぶこと。

実績が少ない歯科医師は当然ですが、難しい症例は治せませんし、患者さんのご希望通りに歯を動かすこともできません。HPに、いくら「当院は優秀です」と書いてあっても証拠が要ります。

インビザラインの実績を判断するうえで最も確実なのは、インビザライン社から与えられている称号です。

年間の症例の数に応じプロバイダーという称号があり、当院は「レッドダイヤモンドプロバイダー」です。

レッドダイヤモンドプロバイダー」は年間1000症例以上行っている医院に与えられる称号で、2022年現在、日本に5軒しかありません。レッドダイヤモンドは最上級の称号で、それ以上はありません。

絶対に失敗したくない場合は「レッドダイヤモンド」の医院を必ず選んで下さい。

ブラックダイヤモンドの医院はいくつもありますが、ブラックでは技術力は不十分です。

インビザラインレッドダイヤモンドプロバイダー

原因2

歯科医師にご自身のご希望、なりたい歯並びを十分に伝えきれてなかった。

対処法

担当の歯科医師にご自身の希望がちゃんと伝わってなければ、良い治療はできないです。

そのためには、カウンセリングの時に、はっきりと遠慮することなく、しっかりとご希望を歯科医師に伝えて下さい。

カウンセリング

また、ご希望を聴く歯科医師にも責任があります。

というのは、歯科医師によってはカウンセリングが不親切で、十分に患者さんのご希望を聴かずに治療計画を立ててしまう人もいるからです。

当院はカウンセリングを非常に大事にしていますので、完全に安心して頂けます。

A歯並びは治ったけど、かみ合わせが悪くなった

開咬

開咬

▲歯並びは良くなったけど、前歯が咬んでない例

歯並びが治って、見た目は良くなってそれは良い事なんですが、かみ合わせが悪くなってしまうと、ご飯が食べにくくなりますし、あごの関節に負担がかかり、健康にも悪い影響が出ます。

こんなことになったんでは、絶対だめですよね!

原因と対処法をご説明します。

原因

歯科医師の技術力がいまいちだった。

つまり、歯並びだけに目がいって、健康にとってすごく大事なかみ合わせを良くする技術力がない歯科医師の治療を受けてしまった。

対処法

絶対に実績のある歯科医院を選ぶこと。

レッドダイヤモンド

実績がある歯科医院はかみ合わせの治療が上手くできます。

なぜなら、かみ合わせの知識もしっかり勉強していますし、その知識がないと患者さんからクレームが来て、年間1000症例もの患者さんが来院するわけはありません。

やはり、「レッドダイヤモンド」の医院を選ぶことが非常に大事になります。

B歯並びは治ったけど、出っ歯になった

出っ歯
▲歯並びは良くなったけど、
前歯が出っ歯になった例

歯並び自体はまっすぐキレイになったんだけど、前歯が前に出てしまって出っ歯になった、ということは現実に有り得る事です。

矯正して後悔した理由の中でもかなり上位に来ています。

特に、インビザラインは治療する歯科医師によって、結果がかなり左右されますので、この様なことが比較的よく起きています。

それを防ぐために、原因と対処法をご説明しますね。

原因

歯科医師が、治療した結果出っ歯になるということをわかってなかった。

つまり、インビザラインの治療法を熟知してなかった、ということになります。これは、ひとえに技術力の足りない歯科医師に治療を受けたということが原因です。

対処法

技術力のある歯科医師を選ぶことが最も大事です。その選ぶ基準は、やはり「レッドダイヤモンド」の医院を選ぶという事に尽きます。

C治療が終わった後で、後戻りした

後戻り

後戻り

▲矯正後、後戻りした下の前歯

治療が終わってせっかくキレイな歯並びになったのに、後戻りしたら悲しいですし、費用も時間もかけて治したのに意味が無いですよね。

後戻りの原因と、そうならない為の対処法をご説明しますね!

原因

矯正治療が終わっても、人間の歯というのは厳密に言うと一生動こうとします。

それを防ぐには、治療が終わった後に、歯並びの後戻り防止の保定装置(リテーナーを入れないといけません。

歯科医師の指示通りにきちんと装着しないと、歯が動いてしまうのです。

対処法

リテーナーというのは、入れるのがめんどくさいとか、忘れてしまったとか、色々理由はあるのですが、やはり、せっかく治した歯並びですし、後戻りしたら意味がないので、歯科医師の指示通りにきちんと入れて下さい。

そして、矯正治療が終わった後も、定期的に健診を受けて歯並びが戻ってないか、確認してもらって下さい。

当院の定期的な健診では、歯並びチェックだけでなく、虫歯や歯周病のチェックもしますので、一生を通じて歯並びもキレイ、虫歯、歯周病もない健康な歯を保つことが可能になります。

Dインビザラインを入れるのがめんどくさくなって、
いつまで経っても終わらなくて嫌になった

女性

せっかく勇気を出してインビザラインを始めたのに、途中でいれるのがめんどくさくなって、あまり入れなくなり、治療期間が大幅に伸びてしまっていつまで経っても終わらない、という方がおられます。

せっかく費用も労力もかけて始めたのにこれでは意味が無いですよね!

原因と対処法をご説明します。

原因

そもそもインビザラインの治療法をちゃんと理解せずに始めたのが原因かと思われます。

インビザラインは、1日に20時間以上は入れないといけません。原則、食事と歯磨きの時以外は入れる感じです。

そこのところを何となく聞いていて、まあそんなこと言ってもなんとかなるだろうとか、あまり深刻に考えていなかった場合などに、このような事になります。

また、インビザラインを入れた時の違和感は普通は数日で取れますが、まれに違和感が取れにくい方もおられます。

そういう事を念頭に置かずに治療を始めると治療自体が嫌になったりします。

対処法

まずは、担当の歯科医師からインビザラインの注意点を全て丁寧に聴いて、確実に理解することです。

もし、1日20時間以上入れる自信が無いとか、マウスピース自体がご自分に合わなさそうだと思ったら、ワイヤー矯正を選んだ方が良いです。

ワイヤーは24時間つけっぱなしで、ご自身では取り外しができない為、絶対に歯は動きます。

1日20時間入れないといけないとか、意気込む必要は当然ながらありません。確実に歯が動くので安心です。

治療前に、インビザラインかワイヤーかじっくり検討してみて下さいね!

当院では、非常に親切ていねいなカウンセリングを行っていますので安心です。

E外食が多く、外す時間が多いのでなかなか動かず、
ワイヤー矯正をすれば良かった

女性

食事中は、インビザラインを外さないといけません。

外で飲食をする機会が多い方は、インビザラインを外している時間が長い為、予定通りのスピードで歯が動きません。

そういう場合にワイヤー矯正をすれば良かったと後悔される方がまあまあおられます。

その原因と対処法をご説明しますね。

原因

最初に担当の歯科医師から、インビザラインの注意事項(1日20時間以上装着する、食事中は外さないといけないなど)をしっかり聴いて確実に理解してなかったか、まあ何とかなると思われてた事が原因かと思われます。

対処法

矯正治療を始める前にしっかりと全ての治療法の利点、欠点を確認して確実に理解することが非常に大事です。

カウンセリング

インビザラインは、透明で目立たないし、今、流行ってるしもちろん良いのですが、中には合わない方もいらっしゃいます。

最初にインビザラインの欠点をよく理解してご自分に合わないと思ったら、ワイヤー矯正を選択しましょう。

当院では、非常に親切ていねいなカウンセリングを行っていますので安心です。

矯正無料相談・予約
無料Web診断
LINE無料相談