PBMヒーリング|インビザライン(マウスピース矯正)

PBMヒーリング

インビザラインメニュー

光加速治療で治療期間を大幅に短縮

PBMヒーリングは、お口の中に光(赤外線)を当てるというものなのですが、1日に8分だけ、この光(赤外線)を当てると、血液の中の痛みを感じる物質(発痛物質)の生成が軽減され、痛みを感じにくくなるので、マウスピースの交換の間隔を短くできるのです。

(PBMヒーリングはドイツ製でEUでは認可されていますので安心です。また、美容医療、がん治療、整形外科領域、外傷の治癒促進などでも活用されています。)

PBMヒーリング

左から:アダプター/バッテリーパック/PBMオルソマウスピース

PBMヒーリングは、近赤外線を歯の周辺に照射するだけで歯を動かす矯正治療をスピードアップさせることができます。

ドイツで設計開発された、光による最先端の矯正加速装置です。LEDによる近赤外線(850nm)ライトが骨や神経・皮膚の活性化を起こします。自宅で毎日行え、矯正治療を快適にします。

PBMヒーリングの特長

矯正治療には2〜3年の治療期間がかかります。それは、歯根周辺の骨の再生に時間を要するため、歯の移動を加速させるのは難しいとされていたからです。

しかしPBMヒーリングは歯根吸収させることなく歯が動かせ、移動の期間を短縮できる矯正治療の補助装置です。

当院では最大50〜66%治療期間を短縮させることができます。(治療期間は個人差があります)

PBMヒーリングは、低光量の近赤外線ライトにより、痛み、炎症と浮腫(ふしゅ:皮下に水がたまること)を減少し、歯を動かすダメージから治癒を促進します。

この作用を「フォトバイオモジュレーション」といい、細胞中のミトコンドリア代謝を増加させ、細胞エネルギーを高めて治癒を速めます。

傷ついた皮膚、骨、神経と骨格筋の血管形成を促進するので、歯が動くことの負担軽減になります。

  • 医学的に証明されているフォトバイオモジュレーション作用。
  • 人体に無害であり、血液循環を促進。
  • 矯正による歯茎の状態を改善すると共に痛みを和らげる。
  • 口腔内の細菌を殺すのでホワイトニング効果を高めることにもつながる。

PBMヒーリングの使い方

新型

PBMヒーリング

片あご4分ずつ両あごで計8分光を当てます。

【新型】PBMヒーリングの詳しい使い方はこちら

旧型

PBMヒーリング

片あご6分ずつ両あごで計12分光を当てます。

【旧型】PBMヒーリングの詳しい使い方はこちら

インビザラインメニュー